山田孝之、ゴッホ調肖像画に大感激!イッセー尾形も笑い止らず

2017年10月27日 21:35

ゴッホ調の似顔絵にご満悦
ゴッホ調の似顔絵にご満悦

[映画.com ニュース] 印象派の巨匠フィンセント・ファン・ゴッホの死の謎に迫る映画「ゴッホ 最期の手紙」のジャパンプレミア試写会が10月27日、東京・恵比寿の東京都写真美術館で開催され、日本語吹き替えを担当した俳優の山田孝之イッセー尾形が舞台挨拶に登壇した。

本作は、俳優が演じた実写映像をもとに描かれた約6万5000枚の油絵をアニメーション化する、独自の手法で制作した“アートサスペンス”。主人公の青年アルマン・ルーランは、郵便配達人の父ジョゼフから、一通の手紙を託される。それは、自殺した画家ゴッホが、弟テオに宛てた手紙だった。テオの消息を追うことになったアルマンは、「ゴッホの死の本当の原因は何なのか」という疑問を抱く。山田が主人公アルマン、イッセーがアルマンの父・ジョゼフ役の声を担当した。

2人とも日本公開が決定する前から本作についてSNSやテレビで知っており、オファーに歓喜した様子。実際のアフレコはともに「難しかった」と口をそろえ、「口の動きとセリフが多少ずれていて、それが味になっているんですが、吹き替えは画にあわせなければいけないので、どこまでを味とすればいいのか悩んだ」(山田)、「実写が基なので、アニメとは表情がちがう。だからタイミングをとるのが難しかった」(イッセー)と振り返った。

イベントには、本作の油絵制作に参加した総勢125人のうち唯一の日本人画家・古賀陽子氏が登場。画家を募集していることをテレビ番組で知り応募したことや、制作方法やスタジオの環境などを説明すると、2人は興味深々で聞き入っていた。

そして、山田とイッセーを本作の登場人物と重ね合わせたゴッホ調の似顔絵を、古賀氏がそれぞれにプレゼント。山田は「すげえ!オレだ」と顔をほころばせ、イッセーもうれしさのあまり笑いが止まらず「この仕事してよかった」と大感激。1枚1~2日ほどで完成させたそうだが、その出来栄えに2人ともすっかり見入っていた。

ゴッホ 最期の手紙」は、11月3日全国公開。

(映画.com速報)

Amazonで今すぐ購入

フォトギャラリー

DVD・ブルーレイ

Powered by価格.com

関連ニュース

OSOREZONE|オソレゾーン

世界中のホラー映画・ドラマが見放題!
お試し2週間無料 マニアックな作品をゾクゾク追加!(R18+)

  • インサイダーズ 内部者たち
  • オールド・ボーイ(2003)
  • 哭声 コクソン
  • V.I.P. 修羅の獣たち
  • ドッグ・イート・ドッグ
  • ブリムストーン
  • ぼくのエリ 200歳の少女
  • ハロウィンII
  • インサイド
  • アンチクライスト
OSOREZONE

Powered by 映画.com