ミッツ、「ノクターナル・アニマルズ」はトム・フォードの人生が反映されている? : 映画ニュース

ホーム > 映画ニュース > 2017年10月25日 > ミッツ、「ノクターナル・アニマルズ」はトム・フォードの人生が反映されている?
メニュー

ミッツ、「ノクターナル・アニマルズ」はトム・フォードの人生が反映されている?

2017年10月25日 14:15

作品世界に魅了されたという「ノクターナル・アニマルズ」

作品世界に魅了されたという
[拡大画像]

[映画.com ニュース]世界的ファッションデザイナー、トム・フォードの「シングルマン」に続く7年ぶり2作目の監督作「ノクターナル・アニマルズ」の試写会が、10月24日に都内で開催。上映後にはタレントのミッツ・マングローブによるトークイベントが行われ、独自の視点で映画を分析した。

エイミー・アダムスジェイク・ギレンホールをはじめ、実力派俳優が顔をそろえた本作。主人公・スーザン(アダムス)の元に20年前に別れた夫エドワード(ギレンホール)から「夜の獣たち(ノクターナル・アニマルズ)」という小説が送られてくる。小説を読み始めたスーザンは、暴力的な内容に不安に駆られていく。物語は、現在の米ロサンゼルス、過去のニューヨーク、そして小説の中のテキサスと展開していく。

ミッツはトム・フォードがデザイナーという華々しい職業で活躍し、性的マイノリティであることを念頭に置きつつ、フォードが劇中の小説の舞台を自身が生まれ育ったテキサスに設定している点について「(米で)最も保守的なところで生まれ育ってきて、もしかして彼自身の子ども時代の友だちや家族へのふつふつとした思いが詰まっているんじゃないかしら?」と推察。その上で、小説の中でマイケル・シャノンが演じる警部補ボビーをカウボーイハットの記号的な南部の男として、それでも格好よく描いていることに「でもやっぱり故郷を捨てられないんだろうね……」と故郷への複雑な愛憎を読み取る。

また、お気に入りの俳優として同じく小説内に登場するレイを演じ、ゴールデングローブ賞助演男優賞に輝いたアーロン・テイラー=ジョンソンの存在を挙げるが、徹底的に彼について調べ上げたよう。「若い時にジョン・レノンの半生を描いた映画(『ノーウェアボーイ ひとりぼっちのあいつ』)に出てて、その作品の監督の23歳年上の女性と結婚してる。奥さんは43歳と46歳のときに出産してて、昔の旦那さんの子まで引き取ってる」と調査結果を説明。「策略家なんじゃないかと思う。イギリス人で子役でデビューして、虎視眈々(こしたんたん)とハリウッドを狙ってきたんじゃないか?」「(いまの妻と別れて)次に行く気がする(笑)。そうやってのし上がっていく気が……。トム・フォードとも何かあるんじゃないかしら?」という“邪推”まで飛び出し、会場は笑いに包まれた。

ノクターナル・アニマルズ」は、11月3日から全国公開。

シングルマン コレクターズ・エディション[Blu-ray/ブルーレイ] シングルマン コレクターズ・エディション[Blu-ray/ブルーレイ] 最安価格: ¥4,302 クリストファー・イシャーウッド原作小説をファッションデザイナーのトム・フォード初監督により映画化。

フォトギャラリー

関連DVD・ブルーレイ情報

ニュースメール

前日に配信された全てのニュースヘッドラインを、一日一回メールでお知らせします。

Google FeedBurnerのサービスを利用しています。
配信停止はメール最下部の「unsubscribe now」から行ってください。

ブログパーツ

ブログパーツ 映画最新ニュースをあなたのブログに!「映画.com ブログパーツ」を貼れば、あなたのブログが映画情報発信地に早変わりします!

ブログパーツについて詳しく見る
このページの先頭へ

映画ニュースアクセスランキング

※映画ニュースのアクセス数(更新日別)を元に集計 映画ニュースアクセスランキングをもっと見る

映画評論

映画評論の一覧を見る
Jobnavi
採用情報