米マーベル、独自のコミコン開催に意欲 : 映画ニュース

ホーム > 映画ニュース > 2017年10月18日 > 米マーベル、独自のコミコン開催に意欲
メニュー

米マーベル、独自のコミコン開催に意欲

2017年10月18日 11:00

世界的なヒット作を手がけている米マーベル・スタジオ「スター・ウォーズ」

世界的なヒット作を手がけている米マーベル・スタジオ
(C) Marvel
[拡大画像]

[映画.com ニュース] 次々と世界的なヒット作を手がけている米マーベル・スタジオが、独自のコンベンションの立ち上げを目指していることが明らかになった。

マーベル・スタジオは、毎年7月に米サンディエゴで行われるポップカルチャーの祭典コミコン・インターナショナルで、新作の未公開フッテージを公開することで知られている。だが、いずれは「スター・ウォーズ」ファンのための公式イベント「スター・ウォーズ・セレブレーション」のような独自のコンベンションを立ち上げる用意があるという。

最新作「マイティ・ソー バトルロイヤル」のプロモーションで、米オンラインチケット販売サイトFandangoの取材を受けたケビン・ファイギ社長は、同スタジオ専門のコンベンション開催が実現するかを聞かれ、「過去数年にわたり、そのことについて話しあっている。サンディエゴでのプレゼンテーションは、楽しい伝統として我々は誇りに思っている。ただ、『スター・ウォーズ・セレブレーション』にはすでに数回参加していて、とても素晴らしいと思っている。マーベルでああいうものをやるアイデアはある。我々には十分なコンテンツがあり、十分なファンがいるから、同様のことはできると思う。ただし、肝心の開始時期は未定だ」と明かしている。

マーベルが独自のコンベンションを開始した場合、コミコン・インターナショナルにとっては大きな痛手となりそうだ。

関連DVD・ブルーレイ情報

ニュースメール

前日に配信された全てのニュースヘッドラインを、一日一回メールでお知らせします。

Google FeedBurnerのサービスを利用しています。
配信停止はメール最下部の「unsubscribe now」から行ってください。

ブログパーツ

ブログパーツ 映画最新ニュースをあなたのブログに!「映画.com ブログパーツ」を貼れば、あなたのブログが映画情報発信地に早変わりします!

ブログパーツについて詳しく見る
このページの先頭へ

映画評論

  • 存在のない子供たちの評論 存在のない子供たち 「存在のない」少年の告発のまなざしは、すべての大人に向けられている
  • マーウェンの評論 マーウェン 現実と虚構をVFXで融合させる名手、R・ゼメキスが出会った箱庭の心象風景
  • アルキメデスの大戦の評論 アルキメデスの大戦 戦艦大和沈没のフェティッシュな描写が、作品の全体像をも脅かす
映画評論の一覧を見る
Jobnavi
採用情報