濱田岳がバイクで日本一周!ドラマ「日本をゆっくり走ってみたよ」に主演

2017年9月21日 10:00

原作は吉本浩二氏の実録漫画
原作は吉本浩二氏の実録漫画

[映画.com ニュース] 吉本浩二氏による人気実録漫画「日本をゆっくり走ってみたよ あの娘のために日本一周」が、濱田岳の主演でドラマ化されることがわかった。人生に行き詰まった漫画家がバイクで日本一周を目指す物語で、濱田が主人公の漫画家・吉本浩二に扮し、本仮屋ユイカがヒロインの恵理を演じる。

宇田川町で待っててよ。」の湯浅典子、「7s セブンス」を手がけた藤井道人らが監督を務め、戯曲「生きてるものはいないのか」で知られる前田司郎が脚本を執筆した本作は、仕事に追われる生活を送っていた漫画家・吉本が、“強い男”になって意中の女性・恵理に告白しようと思い立ち、日本一周の旅に出発する。恵理と交わした「誕生日までに日本一周して戻ってくる」という約束を胸に走り出した吉本が、さまざまなハプニングを乗り越える姿、旅先で出会う人々との交流を描く。

5月にスタートした撮影は、マイクロバスで移動しながら行われた。撮影期間約3カ月、総走行距離は約2万キロにおよび、実際の撮影でも日本一周を達成した。撮入前にバイクの免許を取得したという濱田は、「最高のスタッフやキャストとバイクで日本を一周するという、なかなか珍しく、そして体力的にもハードな作品でした」と振り返り、「ほぼ確実に、皆様が見たことのないロードムービーコメディドラマになっていると自信を持っております」と語っている。

「日本をゆっくり走ってみたよ あの娘のために日本一周」は、Amazonプライム・ビデオで10月20日配信スタート。全14話を予定。

(映画.com速報)

Amazonで今すぐ購入
宇田川町で待っててよ。[DVD]

宇田川町で待っててよ。[DVD]

最安価格: ¥6,600

秀良子の同名コミックを原作に、女装が趣味の男子高校生と彼に一目ぼれした同級生男子の恋愛模様を繊細なタッチでつづったボーイズラブストーリー。

DVD・ブルーレイ

Powered by価格.com

関連ニュース