ベン・アフレック&ジェニファー・ガーナーが離婚申請 : 映画ニュース

ホーム > 映画ニュース > 2017年4月15日 > ベン・アフレック&ジェニファー・ガーナーが離婚申請
メニュー

ベン・アフレック&ジェニファー・ガーナーが離婚申請

2017年4月15日 11:00

復縁報道から一転、離婚へ

復縁報道から一転、離婚へ
(C)Photo by Jason Merritt/Getty Images
[拡大画像]

[映画.com ニュース] 2015年に離婚する意向を発表し、今年3月には離婚手続きを一時中止していると報じられていた米俳優ベン・アフレックと米女優ジェニファー・ガーナーが、正式に離婚を申請した。

ゴシップサイト米TMZによれば、2人は弁護士を立てておらず、離婚はこれ以上ないほど友好的に進んだという。11歳の長女バイオレット、8歳の次女セラフィーナ、5歳の長男サミュエルに関しては、ともに共同親権を持つことを望んでいる。婚前契約は存在せず、特別な理由がない限り、財産は50パーセントずつ分与される見込み。現在、交渉は最終段階に入っており、6カ月以内に離婚が成立すると見られている。

05年に結婚したアフレックとガーナーは、破局してからも子どもたちとともに家族として過ごす姿がたびたび目撃されていた。さらに、アフレックはアルコール依存症のリハビリ終了を宣言した際に、「支えになってくれて、子どもたちの面倒をみてくれたジェンを含む家族と友人に愛されて幸運でした」とガーナーに対する感謝を述べ、良好な関係をうかがわせていた。

関連DVD・ブルーレイ情報

ニュースメール

前日に配信された全てのニュースヘッドラインを、一日一回メールでお知らせします。

Google FeedBurnerのサービスを利用しています。
配信停止はメール最下部の「unsubscribe now」から行ってください。

ブログパーツ

ブログパーツ 映画最新ニュースをあなたのブログに!「映画.com ブログパーツ」を貼れば、あなたのブログが映画情報発信地に早変わりします!

ブログパーツについて詳しく見る
このページの先頭へ

映画ニュースアクセスランキング

※映画ニュースのアクセス数(更新日別)を元に集計 映画ニュースアクセスランキングをもっと見る

映画評論

  • レディ・バードの評論 レディ・バード “インディ映画の女王”の青春映画は、フレッシュでモダンな感覚がきらめく
  • ゲティ家の身代金の評論 ゲティ家の身代金 巨匠リドリー・スコットが暴く、エイリアンよりも禍々しき大富豪の実像
  • 海を駆けるの評論 海を駆ける 清々しい希望と、静かに迫る不吉で恐ろしい何か。深田監督の集大成的な作品
映画評論の一覧を見る
Jobnavi