「EXILE」TAKAHIRO、イギリス演劇界の名作「MOJO」で舞台初挑戦! : 映画ニュース

ホーム > 映画ニュース > 2017年3月29日 > 「EXILE」TAKAHIRO、イギリス演劇界の名作「MOJO」で舞台初挑戦!
メニュー

「EXILE」TAKAHIRO、イギリス演劇界の名作「MOJO」で舞台初挑戦!

2017年3月29日 04:00

「EXILE」のTAKAHIROが演劇初挑戦!「ブラック・スキャンダル」

「EXILE」のTAKAHIROが演劇初挑戦!
[拡大画像]

[映画.com ニュース] 「EXILE」のTAKAHIROが、イギリス演劇界最高の栄誉とされる「ローレンス・オリヴィエ賞」の最優秀新作コメディ賞を受賞した名作「MOJO(モジョ)」で初舞台を踏むことがわかった。主人公に抜てきされたTAKAHIROは「自分の可能性を信じて、とにかく一生懸命喰らいついていきたいと思います」と意欲的な姿勢を示している。

「MOJO」は、「ブラック・スキャンダル」「007 スペクター」の脚本にも参加した劇作家ジェズ・バターワースの処女作。1995年にロンドンの名門ロイヤル・コート劇場で初演が行われると、ダスティン・ホフマントム・クルーズゲイリー・オールドマンらが駆けつけるという人気ぶりで注目を集めた。ロックンロール・カルチャー全盛の1950年代後半を背景とする物語は、ある夏の日に起こった事件をきっかけに、ロンドンのナイトクラブに集う人々が衝突し合う様を描き出す。TAKAHIROはナイトクラブのオーナーの息子・ベイビー役に扮する。

日本初公演となる本作には、TAKAHIROのほか浪岡一喜、木村了尾上寛之ら実力派俳優に加え、若手ながら幅広い演技力で頭角を現している味方良介横田龍儀が出演。「往転-オウテン」で第66回文化庁芸術祭新人賞を受賞した劇作家・青木豪が、演出と上演台本を手がけ、“イギリス演劇界のクエンティン・タランティーノ”と称されるバターワースの傑作に新たな色味を加える。

TAKAHIROは「初舞台で経験もない、未知数なばかりの自分にとっては、もちろん不安もあります」と述べながらも「でも、未知数だからこそたくさん吸収できると思いますし、舞台を終えたときにまた新しい自分に出会えると思う」と告白。また、歪んだ性格の持ち主で荒くれ者のベイビーという難役を演じるにあたって「骨太な演劇の中にあるダークな笑いやスリリングな展開など、この作品ならではの魅力を表現し、僕オリジナルなベイビーという人間をつくり上げられるよう、全力でぶつかりたいと思います」とコメントを寄せている。

舞台「MOJO」は、6月23日から7月14日まで、東京・品川プリンスホテル クラブexで上演される。

関連DVD・ブルーレイ情報

ニュースメール

前日に配信された全てのニュースヘッドラインを、一日一回メールでお知らせします。

Google FeedBurnerのサービスを利用しています。
配信停止はメール最下部の「unsubscribe now」から行ってください。

ブログパーツ

ブログパーツ 映画最新ニュースをあなたのブログに!「映画.com ブログパーツ」を貼れば、あなたのブログが映画情報発信地に早変わりします!

ブログパーツについて詳しく見る
このページの先頭へ

映画ニュースアクセスランキング

※映画ニュースのアクセス数(更新日別)を元に集計 映画ニュースアクセスランキングをもっと見る

映画評論

  • レディ・バードの評論 レディ・バード “インディ映画の女王”の青春映画は、フレッシュでモダンな感覚がきらめく
  • ゲティ家の身代金の評論 ゲティ家の身代金 巨匠リドリー・スコットが暴く、エイリアンよりも禍々しき大富豪の実像
  • 海を駆けるの評論 海を駆ける 清々しい希望と、静かに迫る不吉で恐ろしい何か。深田監督の集大成的な作品
映画評論の一覧を見る
Jobnavi