加藤ミリヤ、「モアナと伝説の海」日本版エンドソングを担当! : 映画ニュース

ホーム > 映画ニュース > 2017年1月26日 > 加藤ミリヤ、「モアナと伝説の海」日本版エンドソングを担当!
メニュー

加藤ミリヤ、「モアナと伝説の海」日本版エンドソングを担当!

2017年1月26日 04:00

「モアナ」の心情を歌う加藤ミリヤ「モアナと伝説の海」

「モアナ」の心情を歌う加藤ミリヤ
(C)2016 Disney. All Rights Reserved.
[拡大画像]

[映画.com ニュース]歌手の加藤ミリヤが、ウォルト・ディズニー・アニメーションの新作「モアナと伝説の海」の日本版エンドソング「どこまでも How Far I'll Go」を歌う事がわかった。加藤は、初めてのディズニー映画への参加に「12年くらい音楽をやらせてもらっていて、こんな気持ちになることはずっとなかった。すごくやりたかったことなので、本当に嬉しかったです。夢のような話でした」と喜びを爆発させている。

島の外に出ることを禁じられながらも、海に選ばれ、愛する人々を救うことを運命づけられた16歳の少女モアナの冒険を描く。モアナの使命は、命の女神テ・フィティの盗まれた心を取り戻し、世界を闇から守ること。大海原で伝説の英雄マウイと出会い、立ちはだかる困難に悩み傷つきながらも、自らの進むべき道を見つけていく。

エンドソングは、モアナの日本語吹き替え版声優を務める新人・屋比久知奈が劇中で歌唱する主題歌とは違うアレンジに仕上がっている。加藤は、楽曲について「“自分が決めたことを信じる”というメッセージは私が普段書いている曲のなかでも表現しているので、すごく共感しました」と語り、「『私は、モアナだ』と思いながらレコーディングしました。彼女には自分の世界を広げたいという強い思いがある。私の歌でモアナの意思や気持ちの強さが伝わるような歌になったらいいなと思いました」と込めた思いを明かしている。

モアナと伝説の海」は、3月10日から全国で公開。

関連DVD・ブルーレイ情報

ニュースメール

前日に配信された全てのニュースヘッドラインを、一日一回メールでお知らせします。

Google FeedBurnerのサービスを利用しています。
配信停止はメール最下部の「unsubscribe now」から行ってください。

ブログパーツ

ブログパーツ 映画最新ニュースをあなたのブログに!「映画.com ブログパーツ」を貼れば、あなたのブログが映画情報発信地に早変わりします!

ブログパーツについて詳しく見る
このページの先頭へ

映画評論

  • 犬ヶ島の評論 犬ヶ島 ウェスの色彩センスが日本でいっそう花開いた “犬ヶ島”の背景が鮮烈!
  • ファントム・スレッドの評論 ファントム・スレッド 一糸乱れぬ映画術で観客を夢見心地に誘う、媚薬のような作品
  • 男と女、モントーク岬での評論 男と女、モントーク岬で 老境を迎えた巨匠が描く恋愛は驚くほどみずみずしく、老練で深い洞察が垣間見える
映画評論の一覧を見る
Jobnavi