高山箕犀によるオリジナルアニメ「セイレン」、新ビジュアル&スタッフ発表! : 映画ニュース

ホーム > 映画ニュース > 2016年11月10日 > 高山箕犀によるオリジナルアニメ「セイレン」、新ビジュアル&スタッフ発表!
メニュー

高山箕犀によるオリジナルアニメ「セイレン」、新ビジュアル&スタッフ発表!

2016年11月10日 04:00

2017年1月放送開始「セイレン」

2017年1月放送開始「セイレン」
(C)高山箕犀/セイレン製作委員会
[拡大画像]

[映画.com ニュース] プレイステーション2用ソフト「キミキス」「アマガミ」のゲームデザイナーを務めた高山箕犀がキャラクター原案・シリーズ構成・脚本を手がけるオリジナルテレビアニメ「セイレン」の、主要スタッフと新ビジュアルが発表された。

高山がオリジナルアニメに初挑戦する本作は、「アマガミ」の舞台であった輝日東高校を中心にストーリーが展開される恋愛物語。スタッフは高山のほか、監督を小林智樹、キャラクターデザインを細田直人、音響監督を本山哲、音楽を信澤宣明が担当し、アニメーション制作はstudio五組とAXsiZが共同で行う。

新ビジュアルは、制服姿の美少女6人が描かれている。全員が異なるポーズをとっており、髪型や表情もさまざま。個性豊かなキャラクタービジュアルを確認することができる。

「セイレン」は2017年1月からTBS、BS-TBS、サンテレビで放送開始。

ニュースメール

前日に配信された全てのニュースヘッドラインを、一日一回メールでお知らせします。

Google FeedBurnerのサービスを利用しています。
配信停止はメール最下部の「unsubscribe now」から行ってください。

ブログパーツ

ブログパーツ 映画最新ニュースをあなたのブログに!「映画.com ブログパーツ」を貼れば、あなたのブログが映画情報発信地に早変わりします!

ブログパーツについて詳しく見る
このページの先頭へ

映画評論

  • レディ・バードの評論 レディ・バード “インディ映画の女王”の青春映画は、フレッシュでモダンな感覚がきらめく
  • ゲティ家の身代金の評論 ゲティ家の身代金 巨匠リドリー・スコットが暴く、エイリアンよりも禍々しき大富豪の実像
  • 海を駆けるの評論 海を駆ける 清々しい希望と、静かに迫る不吉で恐ろしい何か。深田監督の集大成的な作品
映画評論の一覧を見る
Jobnavi