マーゴット・ロビー、映画版「バッド・モンキーズ」で女殺し屋に : 映画ニュース

ホーム > 映画ニュース > 2016年7月29日 > マーゴット・ロビー、映画版「バッド・モンキーズ」で女殺し屋に
メニュー

マーゴット・ロビー、映画版「バッド・モンキーズ」で女殺し屋に

2016年7月29日 12:00

マーゴット・ロビー「スーサイド・スクワッド」

マーゴット・ロビー
Photo by Michael Loccisano/Getty Images
[拡大画像]

[映画.com ニュース] 8月5日全米公開の新作「スーサイド・スクワッド」で演じている悪女ハーレイ・クイン役に注目が集まる女優マーゴット・ロビーが、小説「バッド・モンキーズ」の映画化作品で殺し屋を演じることがわかった。

2007年に出版されたマット・ラフ著の原作は、殺人罪で逮捕されたジェーン・シャーロットが主人公。悪を倒す秘密組織の一部署バッド・モンキーズのメンバーだと語るジェーンは、精神病棟に移され、これまでの闘いの詳細を告白するが、妄想か現実か計りかねる壮絶な内容に精神科医が翻弄されるという心理スリラーだ。

米Deadlineによれば、ユニバーサル・ピクチャーズがこの小説の映画化権を獲得。ロビーがジェーン役で主演し、スコット・ステューバー、ディラン・クラークとプロデュースも手がける。なお、監督はまだ決定していない。

今夏最大の話題作「スーサイド・スクワッド」は、DCコミックスの悪役たちが結集するアクション作品で、なかでもロビーが演じるセクシーでクレイジーな悪女ハーレイ・クインは公開前からすでに人気を集めている。日本公開は9月10日。また、ロビーが勇ましいヒロインを演じているアクションアドベンチャー「ターザン:REBORN」(アレクサンダー・スカルスガルド主演)は7月30日から日本公開。

関連DVD・ブルーレイ情報

ニュースメール

前日に配信された全てのニュースヘッドラインを、一日一回メールでお知らせします。

Google FeedBurnerのサービスを利用しています。
配信停止はメール最下部の「unsubscribe now」から行ってください。

ブログパーツ

ブログパーツ 映画最新ニュースをあなたのブログに!「映画.com ブログパーツ」を貼れば、あなたのブログが映画情報発信地に早変わりします!

ブログパーツについて詳しく見る
このページの先頭へ

映画ニュースアクセスランキング

※映画ニュースのアクセス数(更新日別)を元に集計 映画ニュースアクセスランキングをもっと見る

映画評論

  • レディ・バードの評論 レディ・バード “インディ映画の女王”の青春映画は、フレッシュでモダンな感覚がきらめく
  • ゲティ家の身代金の評論 ゲティ家の身代金 巨匠リドリー・スコットが暴く、エイリアンよりも禍々しき大富豪の実像
  • 海を駆けるの評論 海を駆ける 清々しい希望と、静かに迫る不吉で恐ろしい何か。深田監督の集大成的な作品
映画評論の一覧を見る
Jobnavi