TOHOシネマズ、地域差ある通常料金を全劇場統一 : 映画ニュース

ホーム > 映画ニュース > 2016年5月15日 > TOHOシネマズ、地域差ある通常料金を全劇場統一
メニュー

TOHOシネマズ、地域差ある通常料金を全劇場統一

2016年5月15日 17:00

[映画.com ニュース] TOHOシネマズは、地域によって差がある通常料金を一般1800円、大学生1500円、高校生以下1000円とし、7月1日上映分から全劇場で統一することを発表した。同社はこれまで各種料金、割引サービスの利用状況の検証を重ねてきた。

併せて、一部の劇場で実施中の割引サービスも、6月30日上映分をもって変更・終了する。レディースデイは毎週水曜日に統一し、メンズデイ・カップルデイ・ファーストショー割引は終了する。モーニングショー割引は終了(一部劇場を除く)。レイトショー割引は1300円に統一する(一部劇場を除く、一部劇場は終了)。ちなみに、終了するメンズデイ割引は現在、下田、秋田、宇都宮、ひたちなか、水戸内原、津島、東浦、木曽川、岐阜、モレラ岐阜、岡南、緑井の12館で実施している。

同社は、終了する割引サービスの代替として、TCクーポン(割引券)の配信、通常料金より安いムビチケの利用促進、20日から提供開始したアプリなどを挙げている。(文化通信)

ニュースメール

前日に配信された全てのニュースヘッドラインを、一日一回メールでお知らせします。

Google FeedBurnerのサービスを利用しています。
配信停止はメール最下部の「unsubscribe now」から行ってください。

ブログパーツ

ブログパーツ 映画最新ニュースをあなたのブログに!「映画.com ブログパーツ」を貼れば、あなたのブログが映画情報発信地に早変わりします!

ブログパーツについて詳しく見る
このページの先頭へ

映画ニュースアクセスランキング

※映画ニュースのアクセス数(更新日別)を元に集計 映画ニュースアクセスランキングをもっと見る

映画評論

  • レディ・バードの評論 レディ・バード “インディ映画の女王”の青春映画は、フレッシュでモダンな感覚がきらめく
  • ゲティ家の身代金の評論 ゲティ家の身代金 巨匠リドリー・スコットが暴く、エイリアンよりも禍々しき大富豪の実像
  • 海を駆けるの評論 海を駆ける 清々しい希望と、静かに迫る不吉で恐ろしい何か。深田監督の集大成的な作品
映画評論の一覧を見る
Jobnavi