ジョン・マルコビッチ、音楽アルバムのジャケットでヌードに : 映画ニュース

ホーム > 映画ニュース > 2016年4月2日 > ジョン・マルコビッチ、音楽アルバムのジャケットでヌードに
メニュー

ジョン・マルコビッチ、音楽アルバムのジャケットでヌードに

2016年4月2日 12:00

ジョン・マルコビッチ「マルコヴィッチの穴」

ジョン・マルコビッチ
写真提供:アマナイメージズ
[拡大画像]

[映画.com ニュース] 「マルコヴィッチの穴」「クリムト」「バーン・アフター・リーディング」などで知られる名優ジョン・マルコビッチが、自身の音楽アルバム「Illuminated」のジャケットでヌードになった。

マルコビッチは昨年、アルバム「Like a Puppet Show」をリリース。これは、作曲家エリック・アレクサンドラキスによるアンビエント・トラックに合わせて、マルコビッチが哲学者プラトンの「洞窟の比喩(Allegory of the Cave)」を朗読し、オノ・ヨーコやショーン・レノン、プラシーボ、ドゥイージル・ザッパといったアーティストがミックスを手がけたアルバムだ。

英FACTによれば、新アルバム「Illuminated」は「Like a Puppet Show」の曲とさらに新曲を含んだ限定盤で、ジャケット写真は全裸のマルコビッチがロダンの彫刻「考える人」のポーズをとっている。写真家のサンドロ・ミラーが撮影を担当。ミラーは、マルコビッチ主演の新作映画「Allegory of the Cave(原題)」の監督も務めている。映画では音楽にマルコビッチの「Illuminated」が使われており、今年のカンヌ映画祭でプレミア上映される予定だ。

関連DVD・ブルーレイ情報

ニュースメール

前日に配信された全てのニュースヘッドラインを、一日一回メールでお知らせします。

Google FeedBurnerのサービスを利用しています。
配信停止はメール最下部の「unsubscribe now」から行ってください。

ブログパーツ

ブログパーツ 映画最新ニュースをあなたのブログに!「映画.com ブログパーツ」を貼れば、あなたのブログが映画情報発信地に早変わりします!

ブログパーツについて詳しく見る
このページの先頭へ

映画評論

  • レディ・バードの評論 レディ・バード “インディ映画の女王”の青春映画は、フレッシュでモダンな感覚がきらめく
  • ゲティ家の身代金の評論 ゲティ家の身代金 巨匠リドリー・スコットが暴く、エイリアンよりも禍々しき大富豪の実像
  • 海を駆けるの評論 海を駆ける 清々しい希望と、静かに迫る不吉で恐ろしい何か。深田監督の集大成的な作品
映画評論の一覧を見る
Jobnavi