マーク・ハミル、同性愛者から悩み相談が寄せられていることを告白

2016年3月15日 12:00

マーク・ハミル
マーク・ハミル

[映画.com ニュース]「スター・ウォーズ エピソード8」を撮影中のマーク・ハミルが、同性愛者からの悩み相談が頻繁に寄せられていることを明かした。

先日、「スター・ウォーズ フォースの覚醒」を手掛けたJ・J・エイブラムス監督が、今後の「スター・ウォーズ」に同性愛者のキャラクターを登場させるとコメントしたばかりだが、これを受けて英サン紙はルーク役のハミルを直撃。すると、ハミルは悩みを抱えている同性愛者からメールが寄せられると告白した。

学校でいじめを受けたり、カミングアウトするのが怖いというファンによく聞かれるのが、「ルークは同性愛者である可能性がありますか?」ということ。そうした問いに対し、ハミルは「それは視聴者が判断するものだと思う」と返答するという。「もし、ルークが同性愛者だと思うなら、もちろんそうだ。きみは何も恥ずかしがることはない。ルークは性的嗜好ではなく、性格で判断されるべきだ」。

ファンのあいだでは、ジョン・ボヤーガが演じたフィンと、オスカー・アイザックが扮したポー・ダメロンが同性愛者ではないかとの憶測が広まっている。ルークをはじめ、その真相は今後のエピソードで明かされるかもしれない。

(映画.com速報)

Amazonプライムビデオ
スター・ウォーズ エピソード5/帝国の逆襲(字幕版)
をプライムビデオで今すぐ見る!
Amazonで今すぐ購入

DVD・ブルーレイ

Powered by価格.com

関連ニュース