ヘミングウェイ原作映画化に「007」M・キャンベル監督とピアース・ブロスナン

2016年2月18日 12:00

「007 ゴールデンアイ」コンビ再び
「007 ゴールデンアイ」コンビ再び

[映画.com ニュース] 米作家アーネスト・ヘミングウェイの1950年の小説「河を渡って木立の中へ」が映画化され、「007 ゴールデンアイ」のマーティン・キャンベル監督と主演ピアース・ブロスナンのコンビが再タッグを組むことがわかった。

「河を渡って木立の中へ」(原題:「Across the River and Into the Trees」)は、第2次世界大戦直後のイタリアを舞台に、不治の心疾患を患う50歳の米軍将校と、18歳のイタリア貴族の娘の関係を描く。

脚本を「イル・ポスティーノ」のマイケル・ラドフォードと英劇作家ピーター・フラナリーが手がけた。今年10月、イタリアでの撮影開始を予定している。

なお、キャンベル監督とブロスナンは、現在撮影中のアクションスリラー「The Foreigner(原題)」でもタッグを組んでいる。こちらは英作家スティーブン・レザーの小説「The Chinaman」の映画化で、ジャッキー・チェンが主演する。

(映画.com速報)

ゴールデンアイ[Blu-ray/ブルーレイ]

ゴールデンアイ[Blu-ray/ブルーレイ]

最安価格: ¥1,045

5代目ボンドにピアーズ・ブロスナンを迎えて贈る大ヒットアクションシリーズ第17作。ショーン・ビーン、ファムケ・ヤンセンなど出演。衛星システム“ゴールデンアイ”をめぐる国際犯罪組織とボンドの死闘を描く。

DVD・ブルーレイ

Powered by価格.com

関連ニュース