米監督組合賞に「レヴェナント」イニャリトゥ監督 「バードマン」に続き2年連続

2016年2月8日 12:00

ディカプリオ主演作 「レヴェナント 蘇えりし者」の一場面
ディカプリオ主演作 「レヴェナント 蘇えりし者」の一場面

[映画.com ニュース] 第68回アメリカ監督組合(DGA)賞が2月6日(現地時間)に発表され、「レヴェナント 蘇えりし者」のアレハンドロ・ゴンサレス・イニャリトゥ監督が長編映画部門で受賞した。イニャリトゥ監督は昨年の「バードマン あるいは(無知がもたらす予期せぬ奇跡)」に続いての栄冠。同じ監督が2年連続で受賞するのは、DGA賞史上初めてのことだという。

なお、DGA賞受賞監督が過去67年間でアカデミー監督賞を獲得できなかったのはわずか7例しかない。イニャリトゥ監督も昨年「バードマン あるいは(無知がもたらす予期せぬ奇跡)」でアカデミー監督賞を獲得しており、2年連続のオスカー受賞も射程圏内に入った。ちなみに、過去にジョン・フォードジョセフ・L・マンキウィッツが2年連続でアカデミー監督賞を受賞しているが、いずれも40年代のことだ。

なお、ドキュメンタリー映画の監督賞は、メキシコ麻薬戦争の最前線に切り込んだ「カルテル・ランド」のマシュー・ハイネマン監督、今年から新設された新人監督賞は「Ex Machina」のアレックス・ガーランド監督が受賞した。

(映画.com速報)

DVD・ブルーレイ

Powered by価格.com

関連ニュース