6人の俊英監督がホラーオムニバスに集結! 中村義洋監督は感激

2016年1月24日 16:00

ビール片手にトークは大盛り上がり
ビール片手にトークは大盛り上がり

[映画.com ニュース] 映画「残穢【ざんえ】 ―住んではいけない部屋―」の公開を前に、同じ小野不由美氏の原作によるスピンオフ作品「鬼談百景」が1月23日、都内の劇場でオールナイト上映され、各話の監督を務めた中村義洋白石晃士安里麻里岩澤宏樹大畑創内藤瑛亮が一堂に会した。

原作は、小野氏が「残穢」の前に書き上げた短編集で99の話を収録しており、「残穢」を加えて「百物語」が完成する。各監督はそれぞれエピソードを選択し、6人で計10話を映像化。映画「残穢」とリンクする部分もあり、語り部は同作の主人公「私」のため、主演を務めた竹内結子がナレーションを担当している。

中村監督は、これだけのメンバーが結集し舞台挨拶を行うことに感慨深げ。自身が1999年に始めた「ほんとにあった!呪いのビデオ」シリーズでメガホンをとった監督もおり、「『ほんとにあった!呪いのビデオ』を始めた時は、(異色過ぎて)突き上げを食らうと思っていた。それがこんな風に舞台挨拶をできるように。今日は、本当は泣いちゃいそうです」と感激を口にする。各作品のクオリティについても「誤解を恐れずに言うと、この予算で本当によくやったと思います。すごく出来がいいです!」と胸を張る。「6人で空中分解する危機があったわけではないですが、ただただ前を向いて作ってきました(笑)」と、きわどいコメントで笑いを誘った。

オールナイトイベントとあって、各監督はビールを片手にトークを展開。内藤監督は「白石監督の『密閉』が怖かった!」と語ると、大畑監督も同意。「メンツを聞いて、面白そうな企画だと思った」と参加を決めた安里監督は、各話について「色とりどりで個性が立っていて面白かったです。特に大畑さんの『一緒に見ていた』が一番好き」と明かし、岩澤監督も「幽霊にぶつかるところが素晴らしい!」と語っていた。

中村監督は、改めて「新たな可能性を感じました。あと89話あるのでやってもいいんじゃないでしょうか?」と意欲を見せ、会場は期待の拍手に包まれた。「鬼談百景」はGYAOで配信中。「残穢【ざんえ】 ―住んではいけない部屋―」は、1月30日から全国で公開。

(映画.com速報)

フォトギャラリー

DVD・ブルーレイ

Powered by価格.com

関連ニュース

OSOREZONE|オソレゾーン

世界中のホラー映画・ドラマが見放題!
お試し2週間無料 マニアックな作品をゾクゾク追加!(R18+)

  • ランチ・レディース
  • ナイト・オブ・ザ・スラッシャー
  • ザ・チェアマン
  • ヘア・ウルフ
  • ヒットマン:ザ・バトルフィールド
  • ヘイヴンハースト
  • 戦慄怪奇ファイル コワすぎ!劇場版・序章【真説・四谷怪談 お岩の呪い】
  • アダム・チャップリン 最・強・復・讐・者
  • 封印映像33
  • カルト
OSOREZONE

Powered by 映画.com