スティーブン・キング「ダーク・タワー」映画版主役候補にイドリス・エルバ

2015年12月31日 19:30

イドリス・エルバ
イドリス・エルバ

[映画.com ニュース] スティーブン・キングの長編小説「ダーク・タワー」映画化プロジェクトで、主人公の“最後のガンスリンガー”ローランド役の筆頭候補として、英俳優イドリス・エルバが浮上した。

「ダーク・タワー」は、何もかもが奇妙に歪んで荒廃した中間世界を舞台に、ローランドと仲間たちが暗黒の塔を探し求めて旅をするという全7部構成の壮大なダークファンタジー。映画版は米ソニー・ピクチャーズが製作し、監督には第85回アカデミー賞外国語映画賞にノミネートされたデンマーク映画「ロイヤル・アフェア 愛と欲望の王宮」のニコライ・アーセルが決定している。

ローランド役にはこれまで、ハビエル・バルデムラッセル・クロウの名が挙がっていたが、米Deadlineによれば、エルバが最有力候補だという。なお、ローランドと対峙する悪役の「黒衣の男」役でオスカー俳優マシュー・マコノヒーが出演交渉中だと報じられている。

ちなみに、原作のローランドは白人であることから、ネット上ではエルバのキャスティングに異を唱える人もいたようだが、原作者のキングはTwitterで「肌の色は関係ない。重要なのは、どれだけ早く銃を抜けるかだ」とコメントしている。

(映画.com速報)

DVD・ブルーレイ

Powered by価格.com

関連ニュース