ぱるる、剣を振りかざし驚がく…!「劇場霊」劇中カット独占入手

2015年11月20日 07:00

驚がくの表情の先には、何が……?
驚がくの表情の先には、何が……?

[映画.com ニュース] 「AKB48」の島崎遥香が映画単独初主演を果たした中田秀夫監督作「劇場霊」の劇中カットを、映画.comが独占入手した。剣を振りかざした島崎が驚がくの表情を浮かべる様子と、血まみれの状態で抱きかかえられる姿をとらえており、今作で起こる “救いようのない惨劇”を予見させる。

リング」「仄暗い水の底から」などで知られ、Jホラーの旗手といわれる中田監督が生み出し、“伝説のホラー”と呼び声高かった「女優霊」から20年。本格的な演技は初挑戦ながら、中田監督に「女優として開花した」と言わしめた島崎が主演を務めあげ、ほか足立梨花高田里穂町田啓太といった若手注目株が共演している。

ある舞台に出演することになった若手女優・水樹沙羅(島崎)だが、劇場では女優同士の争いが激化。しかし小道具として球体関節人形が運び込まれてから、周囲に異変が起き始める。女性スタッフの死にはじまり、事故による主演女優の降板など、出演者・スタッフたちは次々に怪奇現象の餌食になっていく。そして代役として主役に抜てきされた沙羅にも、恐怖の影が忍び寄る。

また今作は、9月11日(現地時間)に仏パリで行われた第21回エトランジェ映画祭のコンペティション部門、10月28日に第28回東京国際映画祭の特集企画「日本のいちばん怖い夜~Jホラー降臨」内で上映された。「劇場霊」は、11月21日から全国で公開。

(映画.com速報)

DVD・ブルーレイ

Powered by価格.com

関連ニュース