息ピッタリ!千葉雄大&吉沢亮、透明人間になれたら「やっぱり女子風呂でしょ」

2015年11月7日 19:30

舞台挨拶に立った千葉雄大、吉沢亮ら
舞台挨拶に立った千葉雄大、吉沢亮ら

[映画.com ニュース] 小説投稿サイト「E★エブリスタ」で500万人以上に読まれている「通学シリーズ」を連作で映画化した第1弾「通学シリーズ 通学電車」が11月7日に封切られ、千葉雄大松井愛莉吉沢亮阿部菜渚美の主要キャストが東京・池袋HUMAXシネマズで初日舞台挨拶を行った。

千葉と吉沢は、昨年のドラマ「水球ヤンキース」などで共演しプライベートでも大の仲良し。第2作「通学シリーズ 通学途中」に主演の中川大志からビデオメッセージで「透明人間になれたら何をしたい? 男なら分かるよね」と無茶ブリされると、千葉が「やっぱり女子風呂でしょ」と堂々宣言。吉沢も同意しつつ、「駅ですれ違った、全く知らない人についていって生活を見てみるのもいいな」ともう想を膨らませた。

さらに、カレシやカノジョがいる人を好きになったら告白するかという質問に、吉沢が「僕はあきらめる。基本、当たって砕けたくない人なんで、100%いけると思わなきゃいかない」と答えると、千葉が「吉沢さんクラスは、砕けることないでしょ」と挑発。吉沢もきっちり乗って、「そうだね。僕が好きになったら、大抵はその子も僕を好きになる」と言ってのけ、詰めかけた女性ファンの黄色い歓声を浴びた。

その後も、吉沢はファンのリクエストに応え手を拳銃の形にしてハートを撃ち抜くパフォーマンスを披露するなどサービス精神おう盛。千葉は、「お客さんとのコミュニケーションの取り方が、いつもの吉沢さんじゃない。素晴らしすぎて尊敬しちゃう」と感嘆の表情を浮かべていた。

(映画.com速報)

フォトギャラリー

DVD・ブルーレイ

Powered by価格.com

関連ニュース