クリス・パイン主演で奇跡の救出劇を描く「ザ・ブリザード」が16年2月27日公開!

2015年11月5日 12:00

「ザ・ブリザード」の一場面
「ザ・ブリザード」の一場面

[映画.com ニュース] クリス・パイン主演で、米沿岸警備隊(コーストガード)の最大の偉業と謳われる「SSペンドルトン号の救出劇」を描く「The Finest Hours(原題)」が、「ザ・ブリザード」の邦題で2016年2月27日に公開されることが決定した。

原作は、10年に刊行された、ケーシー・シャーマン&マイケル・J・トーギアスが手がけたノンフィクション小説。北大西洋史上最大級のブリザードによって巨大タンカーの船体が真っ二つに大破。取り残された乗客32人の救出に、4人の沿岸警備隊が向かう。

「不可能な救出ミッション」として語り継がれている本事件。ブリザードは鋼鉄製の巨大タンカーをいとも簡単に破壊するほどの規模であるのに対し、救出に向かった小型救助艇は木製で、耐久性に不安を抱えていた。さらに巨大タンカーが沈むまでのタイムリミットは約3時間と迫るなか、救助艇コンパスが壊れるという窮地に陥る。そして最大の難題が、生存者32人に対し、小型救助艇の定員がわずか12人という点だ。

メガホンをとったのは「ラースと、その彼女」「ミリオンダラー・アーム」のクレイグ・ギレスピー監督。キャストは、小型救助隊の船長バーニーをパインが演じるほか、エリック・バナケイシー・アフレックベン・フォスターら、人気俳優がそろう。

(映画.com速報)

DVD・ブルーレイ

Powered by価格.com

関連ニュース