斎藤工「チョコレートドーナツ」の監督新作に出演直訴「スケジュール空けておきます」

2015年10月23日 23:38

トラビス・ファイン監督と斎藤工、板谷由夏
トラビス・ファイン監督と斎藤工、板谷由夏

[映画.com ニュース] 俳優の斎藤工板谷由夏が司会を務めるWOWOWの映画情報番組「映画工房」の放送200回を記念したイベント「みんなで選ぶこの1本オールナイト上映会」が10月23日、第28回東京国際映画祭で開催され、斎藤、板谷をはじめ映画解説者の中井圭氏が上映前にトークショーを行った。

これまで同番組で紹介した約550本の映画の中から斎藤と板谷が1本ずつオススメ作品を選び、視聴者の投票で1位となった作品を含めた計3本を連続上映。斎藤は、2011年の米映画「ドライヴ」を選び、「淡い世界でヘビーなものが描かれている。始発を待つ時間で見る作品として直感的に選んだ」と説明した。

主演の米俳優ライアン・ゴズリングを「今の時代の新しいスター像。二枚目スターとして女性のハートをつかんでいた彼が、見たこともない表情を見せる。高倉健さんの任きょう映画を見ているようなヒーロー像で、色気がある」とべた褒め。自身もセクシー俳優といわれているだけに、板谷が「工くんも色気あるよ」と持ち上げたが、「僕の色気なんか安っぽい。百均で売っているようなものですよ」と苦笑いを浮かべた。

視聴者投票では2012年の米映画「チョコレートドーナツ」が選ばれ、トラビス・ファイン監督が急きょ来日し参加。斎藤が「日本でロケハンをしていたという噂を聞いたんですが」と問うと、ファイン監督は祖母、母、娘の3世代の家族が日本で暮らし始め、人生を変えていくというストーリーの作品を準備中だと明かした。

来夏に東京や箱根でロケを予定していることを聞き出すと、斎藤が「スケジュール空けておきます。僕は映画を撮ることもあるので、レフ板を持ったり現場でお手伝いもできると思う」と直訴。板谷も、「オーディションがあったら呼んでください」と申し出た。

ファイン監督が「(2人とも)パーフェクト」と笑顔で応じると、斎藤はすっかりその気で、「来年の夏は連ドラ、入れないようにしよう」と本音をポロリ。取材陣がペンを走らせる姿を見て、「マジで書かないでくださいね。偉い人も見ているから」と発言撤回に必死だった。

第28回東京国際映画祭は10月31日まで開催される。

(映画.com速報)

フォトギャラリー

DVD・ブルーレイ

Powered by価格.com

関連ニュース

OSOREZONE|オソレゾーン

世界中のホラー映画・ドラマが見放題!
お試し2週間無料 マニアックな作品をゾクゾク追加!(R18+)

  • ローンウルフ 真夜中の死闘
  • ミラーズ 呪怨鏡
  • レザボア・ヴァンパイア
  • マインズ・アイ
  • 恐怖ノ黒電話
  • ザ・ハロウ/侵蝕
  • 凍える牙
  • 「怪談王2019」決勝大会 準決勝 第1試合
  • 「怪談王2019」決勝大会 準決勝 第2試合
  • 「怪談王2019」決勝大会 決勝戦
OSOREZONE

Powered by 映画.com