上映中に叫び、太鼓を打ち鳴らす!マッドマックス「絶叫上映」に行ってきた

2015年10月15日 17:20

[映画.com ニュース]劇中のセリフにちなんで8回観ることを「V8」と呼ぶ熱狂的なリピーターを生んだ「マッドマックス 怒りのデス・ロード」。立川シネマシティの極上爆音や塚口サンサン劇場のScreaming “MAD”上映など劇場側もイベント性を打ち出し“祭り”状態は留まるところを知らない。そして東京・池袋の新文芸坐が10月11日に開催したのが「絶叫上映」。コスプレ大歓迎、鳴り物の持ち込み可、上映中に一緒に叫んで太鼓を打ち鳴らす狂騒の宴がどんなブッ飛んだことになっているのか取材に行ってきた!

「絶叫上映」開催中。ウォーボーイズのトレードマーク「V8」ポーズを決めるみなさん。
「絶叫上映」開催中。ウォーボーイズのトレードマーク「V8」ポーズを決めるみなさん。


「絶叫上映」は11日夜の一回限り。266席分のチケットは瞬殺で完売したといい、開演の一時間以上前からロビーに続々とコスプレイヤーたちが集まってくる。驚かされるのはその本気と熱気とクオリティ。焼きゴテの跡をメイクしてくるなんてザラで、シャーリーズ・セロンが演じたフュリオサそのままに坊主頭で参加する女性も。メル・ギブソンが主演した一作目のマックスを再現する人がいれば、ショルダープロテクターにジョージ・ミラー監督の直筆サインが入っている猛者もいた。

劇場ロビーには本気のコスプレイヤーが集まり撮影会状態。
劇場ロビーには本気のコスプレイヤーが集まり撮影会状態。
マックスの衣装にはジョージ・ミラー監督の直筆サイン(本物)が!
マックスの衣装にはジョージ・ミラー監督の直筆サイン(本物)が!


今回の「絶叫上映」を企画したのは、実は小池氏と江部氏という一般の映画ファン。作品に惚れ込んだ両名は「この映画は絶対に“絶叫上映”をやるべきだ!」と確信。ネットで呼びかけて1000名以上の参加表明を集め、10以上の映画館に自主的に売り込んだという。中でも「ウチでやりましょう!」と快諾したのが新文芸坐。毎週末には必ず興味深いオールナイト企画を開催している野心と良心の名画座である。

異様なテンションで待ち構える満場の客席の前に現れたのは、危険なウォーボーイズたちに引きずられた劇場スタッフの花俟氏。顏には劇中のマックスと同じ拘束マスクが付けられており、かわいそうと見せかけて「みなさんのがんばり次第で、今日はイモータン・ジョー様が勝つかも知れません!」と客席を煽りまくる一級のアジテーターだ。

ウォーボーイズによって壇上に引き出されてきた劇場スタッフの花俟氏。
ウォーボーイズによって壇上に引き出されてきた劇場スタッフの花俟氏。
舞台挨拶に「V8」で応える客席の一体感よ!
舞台挨拶に「V8」で応える客席の一体感よ!


上映中は、独裁者イモータン・ジョーが登場すると「ジョー!ジョー!」の大合唱。配下のウォーボーイズと一緒に「V8」ポーズを決めるのは当たり前。荒野のカーチェイスでは暴走族ラッパがパラリラと鳴り、爆破や銃撃に合わせてクラッカーが破裂しまくる大騒ぎだ。

炸裂するクラッカー。映画の上映中とは思えない風景。
炸裂するクラッカー。映画の上映中とは思えない風景。


しかしクライマックスにさしかかると“絶叫”は控えめになり、ストーリーやアクションの迫力に夢中になって誰もが画面に魅入ってしまっている。みんなこの映画が好きすぎる! 100%いい意味で誰もが「マッドマックス」に夢中なのである。

マックスとフュリオサたちが勝利し、歓喜に沸く観客たち。
マックスとフュリオサたちが勝利し、歓喜に沸く観客たち。


驚いたのはエンドクレジット。日本公開版のみのエンディング曲「Out Of Control」はコアな映画ファンに好評というわけでもなかったが、この日の観客にとって大人の事情など些末なこと。誰もが曲に合わせて「ヘイ!ヘイ!ヘイ!」と完璧なタイミングで唱和しヘッドバンギングが炸裂するコンサート状態に突入。なにかの和解が達成された美しい瞬間を見た思いだった。

劇場スタッフ、花俟氏の呼びかけで最後はみんなで記念撮影。
劇場スタッフ、花俟氏の呼びかけで最後はみんなで記念撮影。


上映終了後の劇場内を見渡してみると、床にはクラッカーのリボンが散乱する“祭りの後”のカオス状態。ところが主催者側のスタッフと有志の観客によってアッという間に片づけられ、すべてが幻だったかのように元のキレイな客席に戻ったマナーの素晴らしさも印象的な風景として書き添えておきたい。

上映後のゴミは瞬く間に片づけられた。立つ鳥跡を濁さず。
上映後のゴミは瞬く間に片づけられた。立つ鳥跡を濁さず。


観客参加型の映画上映をさかのぼると「ロッキー・ホラー・ショー」に行きつく。近年では「パシフィック・リム」でも絶叫上映が行われたし、インド映画に合わせて歌い騒ぐマサラ上映もある。新文芸坐の花俟氏も今回主催した小池氏・江部氏も「絶叫上映」を継続して広めていきたいと語ってくれたので、映画をただ鑑賞するだけでなく、世界観に飛び込んでいく楽しさをさらに多くの人に味わっていただきたいものである。(取材・村山 章)

(映画.com速報)

フォトギャラリー

  • 輸血袋にされたマックスを再現。ちゃんと鎖の間に血液用のチューブが内蔵されている。
  • 岩山に暮らすロック・ライダーのコスプレ。アツいアツいと言いながらポーズを取ってくれた。中の人は女性。
  • ガスタウンボーイズのチェーンソー担当も。コスプレイヤーもそうでない観客も全体的に女性の姿が目立った。
  • 1979年公開版の初代マックスと最新マックスのコスプレ共演。
  • 信仰の象徴である車のハンドルを掲げるウォーボーイズ。
  • 製作者のこだわりが窺えるウォーボーイズのハンドル。
  • ロビーの壁にはネット上でも話題になった古代エジプト風のイラストが展示されていた。
  • ウォーリグの運転席に座った気分になれる撮影コーナーも。
  • 火を噴くツインネックギターを弾くドゥーフウォリアーがまさかのトリオ結成。
  • マックスのコスプレイヤーは左手に矢が刺さっている劇中の様子を再現。
  • 劇中のピンチを再現した特製メトロノーム。
  • シリーズ旧作の劇場パンフレットも展示。
  • 会場では絶叫上映の心得を教えてくれるしおりが配布された。
  • 当日配布のしおり
  • 顏は半分隠れているが美人すぎるイモータン・ジョー様とドゥーフウォリアー。
  • 上映前にの舞台挨拶に「V8!」ポーズで応える客席。
  • 壇上でウォーボーイズともみ合う劇場スタッフ、花俟氏。
  • 上映中

DVD・ブルーレイ

Powered by価格.com

関連ニュース

OSOREZONE|オソレゾーン

世界中のホラー映画・ドラマが見放題!
お試し2週間無料 マニアックな作品をゾクゾク追加!(R18+)

  • ローンウルフ 真夜中の死闘
  • ミラーズ 呪怨鏡
  • レザボア・ヴァンパイア
  • マインズ・アイ
  • 恐怖ノ黒電話
  • ザ・ハロウ/侵蝕
  • 凍える牙
  • 「怪談王2019」決勝大会 準決勝 第1試合
  • 「怪談王2019」決勝大会 準決勝 第2試合
  • 「怪談王2019」決勝大会 決勝戦
OSOREZONE

Powered by 映画.com