「ピース オブ ケイク」公開控える田口トモロヲ監督、映画は「前向きな現実逃避」

2015年9月3日 20:30

人生に深く刻まれた5作品を紹介した田口トモロヲ
人生に深く刻まれた5作品を紹介した田口トモロヲ

[映画.com ニュース] 人気恋愛コミックを映画化した「ピース オブ ケイク」で3度目のメガホンをとった俳優・田口トモロヲが、CS映画専門チャンネル「ムービープラス」で放送中のオリジナル番組「この映画が観たい」に出演し、人生に深く刻まれた5本の映画を紹介。うち4本は1970年代前後に製作された作品で、多感な10代の頃に、映画から多大な影響を受けたことがうかがえる。

「転校が多くて、学校になじめなかった。サボりがちになって(笑)、自然と映画館に足を運ぶようになった」と青春時代を振り返る田口監督。最初は単なるヒマつぶしのはずだった映画館が「さまざまな生き方を教えてくれる場所になった」といい、「映画は前向きな現実逃避だった」と語る。

そんな田口少年に、強烈なパンチを浴びせたのが故ロバート・アルトマン監督の傑作「M★A★S★H マッシュ」(1970)。戦争の狂気を風刺したブラックコメディで「シニカルという言葉や、ナンセンスという概念を初めて教えてくれた作品。悲惨な戦争を笑い飛ばして、生き残ろうとする人間の底力に、中学生だった僕は圧倒された」。異端の西部劇「ワイルドバンチ」(69)からは、「男の美学と反骨精神を教わった」という。どちらもアメリカン・ニューシネマの傑作として知られ、「やがてパンクシーンに身を投じる自分の前奏になった」と強い思い入れを示す。

一方、甘酸っぱい青春映画としてお気に入りなのが「冒険者たち」(67)と「あの頃ペニー・レインと」(2000)。それぞれ「友情、冒険、恋愛の三拍子そろった世界観。同時に青春はいつか終わるという無常観や、挫折がロマンティックに描かれている」「ロック映画の金字塔。ロックが産業化するなか、目的は音楽か成功か? 戦いながら迷走する普遍的なテーマがある」と独自の目線で見どころを語っている。

また、唯一の日本映画である「夏の妹」(72)は、故大島渚監督がATGに残した最後の作品として知られ、「返還前の沖縄を舞台に、メロドラマの形態を借りて、人間を徘徊させる不思議な映画。何をやっても、どんな意見を発表してもいいんだという自由を教えてもらった」。また、佐藤慶小松方正殿山泰司戸浦六宏ら本作にも出演する大島組の常連俳優のファンだといい、「力がある怪獣顔にあこがれますね。僕にとっては、怪獣映画ベストワンです」とキャストが与えるインパクトを力説した。

番組では主演を務めた「鉄男」(89)での塚本晋也監督の出会いや、「アイデン&ティティ」「色即ぜねれいしょん」に続く監督作「ピース オブ ケイク」(9月5日公開)についても語っている。「この映画が観たい田口トモロヲのオールタイム・ベスト」は、9月4日午後11時15分からムービープラスで初回放送予定。

(映画.com速報)

Amazonで今すぐ購入
あの頃ペニー・レインと[Blu-ray/ブルーレイ]

あの頃ペニー・レインと[Blu-ray/ブルーレイ]

最安価格: ¥1,400

製作・監督・脚本を務めるキャメロン・クロウの自叙伝的な青春ドラマ。15歳でローリングストーン誌の記者となった少年の恋を描く。
鉄男 THE BULLET MAN 【2枚組 パーフェクト・エディション】[DVD]

鉄男 THE BULLET MAN 【2枚組 パーフェクト・エディション】[DVD]

人間とその肉体を侵蝕する金属の細胞との戦いを描く。脚本・監督はPFF出身の塚本晋也、撮影は塚本と藤原京がそれぞれ担当。

フォトギャラリー

DVD・ブルーレイ

Powered by価格.com

関連ニュース