米製作会社レラティビティ・メディアが破産

2015年8月12日 06:00

[映画.com ニュース] 米製作会社のレラティビティ・メディアが連邦破産法11条の適応を申請したと、ハリウッド・レポーター誌が報じた。

資産が1~5億ドルに対し、負債は5~10億ドルで、現在は買収先を探しているという。なお、レラティビティ・スポーツ、レラティビティ・ヨーロッパコープ・ディストリビューション、レラティビティ・エデュケーションなどの関連会社は含まれていない。

2004年にライアン・カバノーが設立した同社は、ソニー・ピクチャーズやユニバーサル、ライオンズゲートと共同制作協定を結び、「ワイルド・スピード」シリーズ、「レ・ミゼラブル」「ソーシャル・ネットワーク」など数多くの作品を手がけてきた。しかし、09年にユニバーサルのジャンル映画部門ローグとそのライブラリーを1億5000万ドルで買収したほか、中国の製作会社Skyland Film & Television Cultural Developmentに投資するなど、規模を拡大しすぎたため資金繰りが悪化していた模様だ。

なお、今回のトラブルで、ハル・ベリー主演のアクション「キッドナップ(原題)」、ザック・ガリフィアナキス主演のコメディ「マスターマインズ(原題)」といった新作映画の公開が不透明になっている。

(映画.com速報)

DVD・ブルーレイ

Powered by価格.com

関連ニュース

OSOREZONE|オソレゾーン

世界中のホラー映画・ドラマが見放題!
お試し2週間無料 マニアックな作品をゾクゾク追加!(R18+)

  • 封印映像27
  • 封印映像28
  • ハロウィンII
  • ファンハウス
  • モーガン・ブラザーズ
  • ハロウィン2016
  • ロスト・ボディ
  • トランストリップ
  • 道化死てるぜ!
  • 監禁/レディ・ベンジェンス
OSOREZONE

Powered by 映画.com