木村文乃「石の繭」で刑事役に初挑戦! パンツスーツはあえて7号をセレクト

2015年8月5日 17:00

スリムなパンツスーツで登場した木村文乃(中央)
スリムなパンツスーツで登場した木村文乃(中央)

[映画.com ニュース]麻見和史氏の本格警察小説を実写化した連続ドラマW「石の繭」の制作発表会見が8月5日、都内のホテルで行われ、主演の木村文乃、共演の青木崇高、内片輝監督が出席した。木村は今作で刑事役に初挑戦。壇上には、パンツスーツ姿で凛々しく登場した。

麻見氏による「警視庁殺人分析班」シリーズ第1弾を原作に、WOWOWがドラマ化。警視庁捜査一課十一係の女刑事・如月塔子は、“トレミー”と名乗る猟奇殺人犯の交渉相手となり、捜査にあたっていく。

木村は、今作では捜査一課に配属された新米刑事・塔子に扮する。初めての刑事役にあたり、「塔子も刑事として悲惨な現場に行くということは、今までなかったこと。私が刑事役が初めてということと、塔子の初めてをリンクさせられたらいいなと思いました」と明かした。

映画「イニシエーション・ラブ」で洗練された美ぼうを見せた木村だが、今回の役作りについて「私が演じた中で一番女の子だなと思う人でした」と吐露。さらに「原作の塔子がすごく小柄なイメージ」といい、「私はそんなに小柄ではないので、華奢感が出ればいいなと思って、本来は9号(サイズのジャケット)なんですが、窮屈さを感じながら7号を着続けました」と振り返っていた。

そんな塔子とコンビを組む警部補・鷹野秀明役を演じた青木は「クールで、物事を俯瞰(ふかん)で見ていて、アイデアがまとまった時にぼそっと言うみたいな、見方によってはイヤなやつ」と役どころを説明。これまでは映画「るろうに剣心」の左之助といったワイルドな役が多かっただけに、「自分のなかでは挑戦だったんですけど、いい感じになっていてほしい」と期待を込めた。

伏線が張りめぐらされるミステリーだけでなく、犯罪を取り巻く人間模様も見どころ。木村は、「この話の普通じゃないところは、犯人が見つかって、なぜ彼がそうなってしまったのか。人間関係や純粋な気持ちだったものが、そこまで曲がってしまう理由。そういった心の部分が内片監督の演出で色濃く描かれていて、ミステリーではありますが、人の根っこの部分も出ています」とアピールに努めていた。

連続ドラマW「石の繭」は、ほか渡辺いっけい仲村トオル古川雄輝神野三鈴らが出演。8月16日から毎週日曜午後10時放送。全5話で、第1話は無料放送される。

(映画.com速報)

フォトギャラリー

DVD・ブルーレイ

Powered by価格.com

関連ニュース

OSOREZONE|オソレゾーン

世界中のホラー映画・ドラマが見放題!
お試し2週間無料 マニアックな作品をゾクゾク追加!(R18+)

  • ローンウルフ 真夜中の死闘
  • ミラーズ 呪怨鏡
  • レザボア・ヴァンパイア
  • マインズ・アイ
  • 恐怖ノ黒電話
  • ザ・ハロウ/侵蝕
  • 凍える牙
  • 「怪談王2019」決勝大会 準決勝 第1試合
  • 「怪談王2019」決勝大会 準決勝 第2試合
  • 「怪談王2019」決勝大会 決勝戦
OSOREZONE

Powered by 映画.com