妻夫木聡出演のカンヌ監督賞受賞作 ホウ・シャオシェン「黒衣の刺客」9月公開

2015年7月1日 10:00

「黒衣の刺客」ビジュアル
「黒衣の刺客」ビジュアル

[映画.com ニュース]第68回カンヌ映画祭で監督賞を受賞した、台湾の巨匠ホウ・シャオシェン(侯孝賢)監督の8年ぶりの新作で、妻夫木聡が出演した「黒衣の刺客」(こくいのしきゃく)の劇場公開が9月12日に決定し、このほど、スー・チー演じる主人公の女刺客をメインとした第1弾ビジュアルがお披露目された。

ミレニアム・マンボ」などホウ監督のミューズ、スー・チーが主演。唐代の中国を舞台に、数奇な運命に翻弄される女刺客インニャンを、名カメラマンのリー・ピンビンが美しく静かな映像で捉えた新感覚の武侠映画。ホウ監督は台湾、中国、日本で5年をかけて撮影し、7度目のカンヌコンペ出品という偉業を成し遂げた。

唐代の中国。13年前に誘拐されたインニャンは、両親のもとに戻るが、道姑(女性の道士)によって完全な暗殺者に育て上げられていた。標的は、暴君のテェン・ジアン(チャン・チェン)だが、彼はかつての許婚であった。インニャンは、任務中に窮地に追い込まれるが、難破した遣唐使船の日本青年(妻夫木)に助けられる。

黒衣の刺客」は9月12日から新宿ピカデリーほか全国公開。

(映画.com速報)

DVD・ブルーレイ

Powered by価格.com

関連ニュース