「ニュー・シネマ・パラダイス」を彷彿させる常盤貴子主演の感動作「向日葵の丘」予告編

2015年6月10日 05:00

「向日葵の丘 1983年・夏」の一場面
「向日葵の丘 1983年・夏」の一場面

[映画.com ニュース] 常盤貴子の主演作「向日葵の丘 1983年・夏」の予告編が公開された。常盤演じるヒロインが、高校時代を回想しながら故郷に戻り、当時から親交のあった故郷の友人たちと名画座を訪れるシーンを切り取っており、人々が涙しながらスクリーンを見つめる姿に、友情と映画を描いた感動作への期待が高まる。

大林宣彦監督に師事した太田隆文が監督と脚本を兼ねた本作は、常盤演じるヒロインの多香子が、高校時代の友達の余命を知り、青春時代を回想しながら故郷に戻るという日本版「ニュー・シネマ・パラダイス」とも言える物語。舞台はバブル前夜の1983年。田舎町で青春時代を過ごしていた女子高生3人組は、一緒に映画館に入り浸り、8ミリ映画を製作する。しかし、卒業前に悲しい出来事が起き、3人は離れ離れになってしまうが、30年後にふるさとで再会する。

田中美里藤田朋子が、多香子の友人役で出演、3人の高校時代を、7月クールのTBS金曜10時の連ドラ「表参道高校合唱部!」で連ドラ初主演を果たす芳根京子をはじめ、藤井武美百川晴香という注目の若手女優たちが演じる。

そのほか津川雅彦別所哲也並樹史朗烏丸せつこ仲代奈緒らが共演。「向日葵の丘 1983年・夏」は8月22日から東京・品川プリンスシネマほか全国で公開。

(映画.com速報)

ニュー・シネマ・パラダイス[Blu-ray/ブルーレイ]

ニュー・シネマ・パラダイス[Blu-ray/ブルーレイ]

世界中の賞を総なめにした映画ファンなら知らない人はいない感動映画の金字塔。戦後間もないシチリアの小さな村で、唯一の娯楽はパラダイス座という映画館。その映画館を舞台に、少年と映画技師の心の交流を描く。

DVD・ブルーレイ

Powered by価格.com

関連ニュース