マノエル・デ・オリベイラ監督が101歳で発表した「アンジェリカ」が日本公開決定 : 映画ニュース

ホーム > 映画ニュース > 2015年4月19日 > マノエル・デ・オリベイラ監督が101歳で発表した「アンジェリカ」が日本公開決定
メニュー

マノエル・デ・オリベイラ監督が101歳で発表した「アンジェリカ」が日本公開決定

2015年4月19日 10:00

「アンジェリカ(仮題)」の一場面

「アンジェリカ(仮題)」の一場面
画像提供:クレストインターナショナル
[拡大画像]

[映画.com ニュース] 4月2日に106歳で死去した、ポルトガルのマノエル・デ・オリベイラ監督が2010年に発表した「アンジェリカ(仮題)」がクレストインターナショナルの配給で日本公開することが決定した。2015年の公開を目指す。

同作は世界最高齢の映画監督として知られたオリベイラ監督が、101歳のときに発表したミステリアスなファンタジー。第63回カンヌ国際映画祭ある視点部門オープニング作品として上映された。

ポルトガルの小さな街で、青年イサクはある富豪の家族から、亡くなったばかりの美しき娘アンジェリカの最後の写真撮影を依頼される。ファインダー越しの娘が、突然イサクに向かって笑いかけたその日から、毎晩イサクの夢にアンジェリカが現れるようになる。

「アンジェリカ(仮題)」はBunkamura ル・シネマほか全国公開予定。

ニュースメール

前日に配信された全てのニュースヘッドラインを、一日一回メールでお知らせします。

Google FeedBurnerのサービスを利用しています。
配信停止はメール最下部の「unsubscribe now」から行ってください。

ブログパーツ

ブログパーツ 映画最新ニュースをあなたのブログに!「映画.com ブログパーツ」を貼れば、あなたのブログが映画情報発信地に早変わりします!

ブログパーツについて詳しく見る
このページの先頭へ

映画評論

  • レディ・バードの評論 レディ・バード “インディ映画の女王”の青春映画は、フレッシュでモダンな感覚がきらめく
  • ゲティ家の身代金の評論 ゲティ家の身代金 巨匠リドリー・スコットが暴く、エイリアンよりも禍々しき大富豪の実像
  • 海を駆けるの評論 海を駆ける 清々しい希望と、静かに迫る不吉で恐ろしい何か。深田監督の集大成的な作品
映画評論の一覧を見る
Jobnavi