「グレムリン」リメイクへ 脚本家決定

2015年4月11日 11:30

ギズモにまた会える!
ギズモにまた会える!

[映画.com ニュース] 米ワーナー・ブラザースが、スティーブン・スピルバーグ製作総指揮、ジョー・ダンテ監督による大ヒット作「グレムリン」(1984)のリメイクを決定。リメイク版の脚本家に、「レッド・ドーン」「パニック・フライト」のカール・エルスワースを起用した。

グレムリン」は、少年が父親から贈られた珍獣モグワイが、3つの飼育条件が守られなかったとき、狂暴な怪物グレムリンに変身して大暴れするというSFブラックコメディ。90年には、第1作のスタッフとキャストが再結集して、続編「グレムリン2 新種誕生」が製作された。

米Deadlineによれば、オリジナル版の脚本を手がけたクリス・コロンバスとスピルバーグが、リメイク版のプロデュースを手がける。なおコロンバスは、メガホンをとる可能性も報じられている。

(映画.com速報)

DVD・ブルーレイ

Powered by価格.com

関連ニュース

OSOREZONE|オソレゾーン

世界中のホラー映画・ドラマが見放題!
お試し2週間無料 マニアックな作品をゾクゾク追加!(R18+)

  • ローンウルフ 真夜中の死闘
  • ミラーズ 呪怨鏡
  • レザボア・ヴァンパイア
  • マインズ・アイ
  • 恐怖ノ黒電話
  • ザ・ハロウ/侵蝕
  • 凍える牙
  • 「怪談王2019」決勝大会 準決勝 第1試合
  • 「怪談王2019」決勝大会 準決勝 第2試合
  • 「怪談王2019」決勝大会 決勝戦
OSOREZONE

Powered by 映画.com