坂口健太郎、ウーマン村本の銀幕デビュー作「まだ見ていない」に苦笑い

2015年3月25日 20:42

沖縄で舞台挨拶に立った坂口健太郎
沖縄で舞台挨拶に立った坂口健太郎

[映画.com ニュース]竹野内豊の主演作「at Home」が3月25日、島ぜんぶでおーきな祭 第7回沖縄国際映画祭の特別招待作品として上映され、出演するモデルで俳優の坂口健太郎、子役の池田優斗くん、「ウーマンラッシュアワー」の村本大輔が沖縄・那覇の桜坂劇場で舞台挨拶に立った。

坂口は、是枝裕和監督の最新作「海街diary」に出演するなど、注目の若手俳優。父親役の竹野内、母親役の松雪との初共演を振り返り、「おふたりとも素敵な意味でキュートなんです。竹野内さんは現場でも優斗を“高い高い”してくれたりして、とても魅力的な方でした」と最敬礼だ。

今作で銀幕デビューを飾った村本だが、撮影が約10カ月前だったこともあり「作品をまだ見られていないんですよ。1年近く経っているから、役名も忘れちゃいました」とニヤリ。これには坂口も苦笑いだったが、村本はさらに「DVDを吉本が僕に渡してくれていないんですよ。観客の皆さんは見終わったら、見どころを僕に教えてくださいね」と言いたい放題だった。

作家・本多孝好氏の同名人気小説を映画化した今作は、苦しい過去を背負って生きてきた寄せ集めの家族が、空き巣を生業とする父(竹野内)、結婚詐欺師の母(松雪)を軸にささやかな幸せを守るために奮闘する姿を描いている。映画は、8月に全国で公開。島ぜんぶでおーきな祭 第7回沖縄国際映画祭は、3月29日まで。

(映画.com速報)

フォトギャラリー

DVD・ブルーレイ

Powered by価格.com

関連ニュース