スコット・イーストウッド、O・ストーン監督のスノーデン伝記映画に参加 : 映画ニュース

ホーム > 映画ニュース > 2015年2月19日 > スコット・イーストウッド、O・ストーン監督のスノーデン伝記映画に参加
メニュー

スコット・イーストウッド、O・ストーン監督のスノーデン伝記映画に参加

2015年2月19日 15:50

スコット・イーストウッド

スコット・イーストウッド
Photo by WireImage/Getty Images
[拡大画像]

[映画.com ニュース] クリント・イーストウッドの息子で俳優のスコット・イーストウッドが、オリバー・ストーン監督が進めている元CIA職員エドワード・スノーデンの伝記映画に出演すると、米Deadlineが報じた。

タイトル未定の本作は、アメリカ政府による個人情報収集活動を暴露し、現在ロシアに亡命中のスノーデンを題材にしたドラマで、スノーデン役にはジョセフ・ゴードン=レビットが決定している。

イーストウッドは、スノーデンがCIAの前に勤めていた国家安全保障局 (NSA)の職員を演じる。また、シャイリーン・ウッドリーがスノーデンの恋人役で共演する。

なお本作は、ルーク・ハーディングによるノンフィクション「スノーデンファイル 地球上で最も追われている男の真実」と、スノーデンのロシアの弁護士アナトリー・クチェレナによる手記「Time of the Octopus」を下敷きにしている。

関連DVD・ブルーレイ情報

ニュースメール

前日に配信された全てのニュースヘッドラインを、一日一回メールでお知らせします。

Google FeedBurnerのサービスを利用しています。
配信停止はメール最下部の「unsubscribe now」から行ってください。

ブログパーツ

ブログパーツ 映画最新ニュースをあなたのブログに!「映画.com ブログパーツ」を貼れば、あなたのブログが映画情報発信地に早変わりします!

ブログパーツについて詳しく見る
このページの先頭へ

映画ニュースアクセスランキング

※映画ニュースのアクセス数(更新日別)を元に集計 映画ニュースアクセスランキングをもっと見る

映画評論

  • レディ・バードの評論 レディ・バード “インディ映画の女王”の青春映画は、フレッシュでモダンな感覚がきらめく
  • ゲティ家の身代金の評論 ゲティ家の身代金 巨匠リドリー・スコットが暴く、エイリアンよりも禍々しき大富豪の実像
  • 海を駆けるの評論 海を駆ける 清々しい希望と、静かに迫る不吉で恐ろしい何か。深田監督の集大成的な作品
映画評論の一覧を見る
Jobnavi