さぬき映画祭2015開幕!「紙の月」吉田大八監督、宮沢りえの女優魂を振り返る

2015年2月13日 19:54

「紙の月」でメガホンをとった吉田大八監督
「紙の月」でメガホンをとった吉田大八監督

[映画.com ニュース] 本広克行監督がディレクターを務める「さぬき映画祭2015」が2月13日、香川・イオンシネマ高松東で開幕した。本広ディレクターは、「今年で3年目。見るだけでなく、作る映画祭にしていければと思っています。今回はドキュメンタリーもそろえています」と挨拶し、手ごたえのほどをうかがわせた。

オープニング作品は、宮沢りえの7年ぶりとなる映画主演作「紙の月」。この日は、メガホンをとった吉田大八監督が舞台挨拶に立った。吉田監督はこの日、午前中に香川入りし、ゲストとして招待されたヤン・イクチュン監督とともに行動をともにしていたそうで、「うどんを食べて、お茶を飲んで、映画の話で盛り上がった。こういう映画祭ならではですね」と満喫した様子だ。

同作は、昨年11月15日に全国260スクリーンで公開された。宮沢は、東京国際映画祭の最優秀女優賞を皮切りに、報知映画賞、日刊スポーツ映画大賞の主演女優賞など国内の主要な映画賞を席巻。存在感を発揮した共演の池松壮亮小林聡美大島優子も助演部門で戴冠するなど、受賞ラッシュが続いている。

撮影中の宮沢について、「女優さんっていうと『わがままなんじゃないか』とか、先入観ってあると思うんです。だけど全然そんなことなくて、宮沢さんは映画のためにできることは何でもやろうとする方で、こっちが止めるまでやめなかった。『できない』ということを良しとしない姿勢で、スタッフ、キャストを引っ張ってくれた」と絶賛。池松に対しては、「落ち着いていて、生意気な24歳ですよね。分かったようなことを言うんですが、本当に分かっているんです(笑)」と称えていた。

また、昨年の同映画祭開催時期と撮影期間が重なっていたことを明かし、「雪が降っていましたね。宮沢さんも、車が動かないからって何10年ぶりかに電車に乗ったといって、すごくテンションが上がっていましたよ」と述懐していた。

同映画祭は、「映画、だけじゃない映画祭」をキャッチコピーに掲げ、今回からは舞台「人狼」の公演など演劇ジャンルが加わったほか、多岐にわたるワークショップ、昨年好評を博した「UDONツアー」も引き続き開催される。2月22日まで開催。

(映画.com速報)

フォトギャラリー

DVD・ブルーレイ

Powered by価格.com

関連ニュース

OSOREZONE|オソレゾーン

世界中のホラー映画・ドラマが見放題!
お試し2週間無料 マニアックな作品をゾクゾク追加!(R18+)

  • ランチ・レディース
  • ナイト・オブ・ザ・スラッシャー
  • ザ・チェアマン
  • ヘア・ウルフ
  • ヒットマン:ザ・バトルフィールド
  • ヘイヴンハースト
  • 戦慄怪奇ファイル コワすぎ!劇場版・序章【真説・四谷怪談 お岩の呪い】
  • アダム・チャップリン 最・強・復・讐・者
  • 封印映像33
  • カルト
OSOREZONE

Powered by 映画.com