松田翔太&桐谷健太&濱田岳、「かなり自由」なau新CM撮影秘話を明かす

2015年1月20日 06:00

昔話の主人公に扮した桐谷健太、松田翔太、濱田岳(左から)
昔話の主人公に扮した桐谷健太、松田翔太、濱田岳(左から)

[映画.com ニュース]auのCMキャラクターを務める俳優の松田翔太桐谷健太濱田岳が1月19日、都内で行われた「au発表会 2015 Spring」に出席。桃太郎、浦島太郎、金太郎といった3つの日本昔話をモチーフにした新CMの撮影秘話を披露した。

「あたらしい自由。au」のキャッチコピーとともに、元旦からお茶の間に流れ始めた同CM。撮影風景について、松田が「かなり自由。自由演技が盛り込まれていた」と振り返れば、桐谷も「後半はほぼアドリブみたいな感じで、その場で生まれた楽しいものを3人でやっていく」と説明した。先陣を切ってアドリブを加えていたという桐谷は、「いきなりやるのに、2人はバッと反応してくれて、楽しくてしょうがなかった」と笑顔で語り、登壇陣は終始仲睦まじい様子をのぞかせていた。

桃太郎役の松田は「初めてお芝居した時には、もう完成していた」と桐谷を称賛。これを受け、浦島太郎役の桐谷は「現代的な3人の若者っていう感じよりは、お互いのキャラを生かした方がいいと思った」とこだわりを明かし、「本当に(昔話の)この3人が仲良くて、こんな感じやったらおもしろい。愛すべきアホという感じ」と話す。金太郎役の濱田も、「3人仲良しで、頑張っています。応援してください!」とアピールしていた。

また、技巧を凝らした衣装も見どころのひとつ。しかし、1人だけノースリーブで真冬の撮影に臨むことになった濱田は「海とか寒すぎて、素に帰る瞬間があった。なんで真冬に俺だけノースリーブなの?」とぼやき節。「下駄も山道すごく歩きづらいし、一回グキッてなったりして、足首がとれるかと思うくらい痛かった」とこぼし、会場の笑いをさらった。

(映画.com速報)

フォトギャラリー

DVD・ブルーレイ

Powered by価格.com

関連ニュース