フランス映画社、自己破産を申請 負債額は3800万円

2014年11月21日 21:15

フランス映画社が配給した「ベルリン・天使の詩」
フランス映画社が配給した「ベルリン・天使の詩」

[映画.com ニュース]フランス映画社は、11月7日に東京地裁へ自己破産を申請し、12日に破産手続き開始決定を受けた。帝国データバンクが19日報じた。負債は債権者約13人に対し、約3800万円だという。

同社は1968年設立の老舗洋画配給会社。“傑作を世界からはこぶ”というキャッチフレーズのもと、76年夏に開始した「BOW」シリーズなどを展開。多くの欧州映画や米映画を公開して、インディペンデント系洋画配給会社の一時代を築いた。

直近では、今年1月公開のテオ・アンゲロプロス監督「エレニの帰郷」(東映配給)の配給協力に名を連ねるなどしていたが、近年は配給作品が減少し、ここ数カ月は事実上活動を停止していた。(文化通信)

(映画.com×文化通信)

エレニの帰郷[Blu-ray/ブルーレイ]

エレニの帰郷[Blu-ray/ブルーレイ]

最安価格: ¥7,480

世界的名優・豪華実力派のキャストが結集し、動乱の20世紀を背景に紡ぎだされた重厚なる物語。歴史的事件に翻弄される三人の男女の姿とその愛の激しさを、変わることのなかった人間に対するまなざしと、歴史の試練に対峙する人々への共感を込めながら描きあげる。

DVD・ブルーレイ

Powered by価格.com

関連ニュース