バネッサ・パラディ主演「カフェ・ド・フロール」恵比寿ガーデンシネマ第1弾作品として公開

2014年11月19日 12:50

「カフェ・ド・フロール」の一場面
「カフェ・ド・フロール」の一場面

[映画.com ニュース] バネッサ・パラディ主演、第86回アカデミー賞3冠受賞の「ダラス・バイヤーズクラブ」のジャン=マルク・バレ監督によるカナダ・フランス合作映画「カフェ・ド・フロール」が、2015年3月28日にリニューアルオープンする恵比寿ガーデンシネマの第1弾作品として公開されることがわかった。

1969年のパリでシングルマザーとして生きる美容師のジャクリーヌと、現代のモントリオールでDJとして活躍するアントワーヌ。異なる2つの時代を生きる男と女、そして母と息子の愛を描いたドラマ。

パラディはダウン症の息子を育てる気丈な母親を熱演し、各国の映画祭で高く評された。一方、悩める男を演じるケビン・パランは、数々の音楽賞を受賞したミュージシャンであり、本作が映画初出演となる。また、マシュー・ハーバートの「Cafe de Flore」、ピンク・フロイドの「スピーク・トゥ・ミー」「生命の息吹」、シガー・ロスの「スヴェン・ギー・エングラー」などの音楽が、愛の物語に彩りを添えている。

カフェ・ド・フロール」は、2015年3月28日恵比寿ガーデンシネマ、ヒューマントラストシネマ有楽町ほか全国公開。

(映画.com速報)

DVD・ブルーレイ

Powered by価格.com

関連ニュース