DCコミック原作「スーパーガール」がテレビドラマ化

2014年10月1日 18:50

1984年の映画版場面写真
1984年の映画版場面写真

[映画.com ニュース] 「スーパーガール」がテレビドラマ化されることになったと、バラエティ誌が報じた。

スーパーガールとは、スーパーマンの従妹キャラ・ゾー・エルとしてDCコミックに登場したキャラクターで、1984年にヘレン・スレイター主演で映画化されたことがある。製作総指揮は「ARROW」や新ドラマ「The Flash」などDCコミック原作のテレビドラマでヒットを飛ばしているグレッグ・バーランティで、米主要ネットワークのひとつであるCBSはパイロット版を待たずに、制作にゴーサインを出したという。スーパーガール役は未定。

なお、現在、米ABCはマーベルコミック原作の「Marvel’s Agents of SHIELD」とスピンオフの「エージェント・カーター」、米NBCはDCコミック原作の新ドラマ「コンスタンティン」、米FOXもDCコミック原作の新ドラマ「Gotham」と、米テレビではアメコミ原作ドラマが増えつつある。

(映画.com速報)

【初回生産限定スペシャル・パッケージ】スーパーガール[DVD]

【初回生産限定スペシャル・パッケージ】スーパーガール[DVD]

スーパーマンのいとこにあたるカーラは、地球征服をたくらむ魔女セレナに立ち向かうため地球へやってきた。女学院に通いながらスーパーガールとしてセレナと死闘を繰り広げる! ヘレン・スレイターの初々しい魅力を満載したファンタジックSFアクション。

DVD・ブルーレイ

Powered by価格.com

関連ニュース