斎藤工と貫地谷しほりがチャウ・シンチー版「西遊記」吹き替え版キャストに!

2014年9月10日 14:50

初の映画吹き替えに挑む斎藤(左上)と貫地谷(左下)
初の映画吹き替えに挑む斎藤(左上)と貫地谷(左下)

[映画.com ニュース] 「少林サッカー」「カンフーハッスル」のチャウ・シンチー監督6年ぶりの最新作「西遊記 はじまりのはじまり」の日本語吹き替え版キャストを、若手実力派俳優の斎藤工貫地谷しほりが務めることが発表された。

同作は、三蔵法師と名乗る前の若き妖怪ハンター玄奘(げんじょう)と孫悟空、沙悟浄、猪八戒との出会いを描く、おなじみの物語「西遊記」のいわば“エピソード0”的作品。妖怪が暴れ回るVFX満載のアクション映像とシンチー監督らしいコメディセンスにあふれ、2013年の中国映画界で興行収入No.1を記録した大ヒット作だ。

斎藤はウェン・ジャン演じる主人公・玄奘を担当し、貫地谷は原作には登場しない映画オリジナルのキャラクターで、人気女優スー・チーが扮した女妖怪ハンター・段を担当。ともに初めてとなる映画吹き替えへのチャレンジに対して、「チャウ・シンチー作品ファンとして、この近年、アジア映画で最も劇場で体感すべきこの『西遊記』。好奇心と責任感とを持ち、命を吹き込ませていただきます」(斎藤)、「大好きなチャウ・シンチーさんの作品に、この様な形で参加できるとは思いもよりませんでした! 初めての映画の吹き替えのお仕事、心と気合を詰め込みまくりたいと思います!」(貫地谷)とコメントを寄せ、ファンでもあったシンチー作品参加の意気込みを伝えている。

西遊記 はじまりのはじまり」は、9月12日から開催される「第7回したまちコメディ映画祭in台東」のオープニング特別招待作品としてジャパンプレミア上映。11月21日から全国公開される。

(映画.com速報)

DVD・ブルーレイ

Powered by価格.com

関連ニュース