松竹、初のインターンシップを11月上旬から : 映画ニュース

ホーム > 映画ニュース > 2014年8月23日 > 松竹、初のインターンシップを11月上旬から
メニュー

松竹、初のインターンシップを11月上旬から

2014年8月23日 07:10

[映画.com ニュース] 配給大手の松竹は今年度、インターンシップを初めて実施する。同制度は、学生に松竹のことを深く知ってもらうもの。インターンシップを通して、今まで表面的に映画業界・演劇業界・エンタメ業界に興味のあった学生に、実際にビジネスとしてモノづくりをする楽しさ、難しさ、醍醐味を感じてもらうことが狙いだ。

既に8月1日から募集を開始しており、インターンシップを実施する部署が決定し、14日発表となった。

インターンシップ詳細
▽主な開催場所:松竹・本社(東京)
▽募集期間:8月1日~10月10日
▽実施期間/部署:11月上旬~11月下旬にかけて5部署
11月4日から映画宣伝部、映像企画部、松竹撮影所
11月18日から事業部~グッズ企画ほか
11月25日から歌舞伎座
▽内容:2種類で実施
1DAYコース:先輩社員との座談会、グループワーク等を通じて、松竹、映画・演劇業界について知ってもらうコース。
4DAYSコース:実際の仕事現場での職場体験を通じて、より松竹の仕事について理解してもらうコース。(文化通信)

ニュースメール

前日に配信された全てのニュースヘッドラインを、一日一回メールでお知らせします。

Google FeedBurnerのサービスを利用しています。
配信停止はメール最下部の「unsubscribe now」から行ってください。

ブログパーツ

ブログパーツ 映画最新ニュースをあなたのブログに!「映画.com ブログパーツ」を貼れば、あなたのブログが映画情報発信地に早変わりします!

ブログパーツについて詳しく見る
このページの先頭へ

映画ニュースアクセスランキング

※映画ニュースのアクセス数(更新日別)を元に集計 映画ニュースアクセスランキングをもっと見る

映画評論

  • レディ・バードの評論 レディ・バード “インディ映画の女王”の青春映画は、フレッシュでモダンな感覚がきらめく
  • ゲティ家の身代金の評論 ゲティ家の身代金 巨匠リドリー・スコットが暴く、エイリアンよりも禍々しき大富豪の実像
  • 海を駆けるの評論 海を駆ける 清々しい希望と、静かに迫る不吉で恐ろしい何か。深田監督の集大成的な作品
映画評論の一覧を見る
Jobnavi