木嶋のりこ、フルヌードデビューで「心がすごく強くなった」

2014年7月19日 17:25

美女がずらりと勢ぞろいした「ちょっと かわいいアイアンメイデン」初日挨拶
美女がずらりと勢ぞろいした「ちょっと かわいいアイアンメイデン」初日挨拶

[映画.com ニュース] 学校公認で拷問を研究する「拷問部」を描いた人気コミック(原作:深見真/作画:α・アルフライラ)を実写映画化した「ちょっとかわいいアイアンメイデン」が7月19日、東京・池袋のシネマ・ロサで封切られ、主演の木嶋のりこ吉住はるな間宮夕貴矢野未夏葉山レイコ内田春菊吉田浩太監督が舞台挨拶に立った。

名門高校・私立聖アネスティ学園に入学した結月(木嶋)が、一目ぼれした上級生・舟木生(吉住)にひかれて拷問部に入部し、次第にエロティックな拷問に目覚めていく姿を大胆に描く。

本作でフルヌードに挑んだ木嶋は、「覚悟を決めて最後までやり切ろうと、ありのままを全て見せた作品。ここまでやってしまえば今後何が来ても怖くない。心がすごく強くなった」と大きく成長。本作でスクリーンデビューを飾った吉住も、「困難を乗り越えるたびにのりちゃんと抱き合って喜んだ。完成した映像で自分を見るのは正直ちょっと恥ずかしいけど、体当たりで頑張った」と達成感をにじませた。

木嶋は、秘められた拷問の素質を発揮していく役どころを演じ、「緊縛師の先生に縄の素質があると言われ、私は結月だと思った(笑)」と“攻め”の才能を開花させながらも、「実際は攻められる方が好きなので攻めてくれる男性がいい」と嗜好を暴露し赤面。なぜか女王様のイメージが定着しつつある内田は、「人様にムチを振るう役はこれで3度目(笑)。実際にやったことはないので、初々しい女の子たちをムチで打つのはすごく緊張した。私はもうすぐ55歳だけど、監督に乗せられてしてはいけないようなこともした記憶が……」と怪しげにほほ笑んだ。

吉田監督は、「原作の設定自体がかなりぶっ飛んでいるので、見たことのない映画を作ろうと全身全霊を込めた。SMの映画はたくさんあるけど、拷問ならではの物語を紡ぎ出したいと思った」と狙いを語った。

(映画.com速報)

フォトギャラリー

DVD・ブルーレイ

Powered by価格.com

関連ニュース