【全米映画ランキング】「魔法の恋愛書」の続編がV。イーストウッドの新作は4位デビュー

2014年6月25日 10:10

イーストウッドの新作「ジャージー・ボーイズ」
イーストウッドの新作「ジャージー・ボーイズ」

[映画.com ニュース]サマーシーズン8週目を迎えた全米ボックスオフィス。2本の新作が拡大公開された先週末は、ケビン・ハートがブレイクした2012年の大ヒット群像ラブコメディ「魔法の恋愛書」(日本未公開)の第2弾「Think Like A Man Too」が約3000万ドルのオープニング興収で首位デビューを果たした。

人気コメディアンのスティーブ・ハーベイによるベストセラー本「世界中の女性が幸せをつかんだ 魔法の恋愛書」を元に映画化した第1作に引き続き、今回の第2作もハート、マイケル・イーリータラジ・P・ヘンソンレジーナ・ホールミーガン・グッドガブリエル・ユニオンら前作のキャストが再結集。ラスベガスに舞台を移し、人騒がせな恋愛模様を繰り広げる。批評家のレビューは否定的なものが多く、前作のオープニング興収約3360万ドルには及ばなかったが、辛くも首位デビューを果たした。メガホンをとったのは前作に引き続きティム・ストーリー

惜しくもV2を逃したのは、前週首位だったジョナ・ヒルチャニング・テイタム主演のR指定アクションコメディ「22 Jump Street」。先週末も約2700万ドルを稼ぎ出し、10日間の累計は約1億0900万ドルに。グロスは1億6000万ドル近辺になりそう。

3位は「22 Jump Street」と同じく前週からワンランクダウンした「ヒックとドラゴン」の続編「ヒックとドラゴン2(仮題)」。

そして、約1300万ドルのオープニング興収で初登場4位となったのは、巨匠クリント・イーストウッドがトニー賞受賞の大ヒットブロードウェイ・ミュージカルを映画化した「ジャージー・ボーイズ」。1950年代から80年代まで人気を博したニュージャージー出身のポップス歌手フランキー・バリとフォー・シーズンズの栄光と落日が、「君の瞳に恋してる(Can't Take My Eyes Off You )」といった同バンドのヒット曲にのせて描かれる。当初は「アイアンマン」のジョン・ファブローが監督を務める予定だったが、13年に企画から離れ、代わりにイーストウッドがメガホンをとることになった。レビューは、現代最高の映画作家といわれるイーストウッド監督作とあって期待が高かったせいか、やや厳しめで賛否が半々となっている。フランキー役にブロードウェイ版オリジナルキャストのジョン・ロイド・ヤングのほか、ビンセント・ピアッツァ、オスカー俳優クリストファー・ウォーケンなどが出演。4位デビューというスロースタートとなったが、オールドファンをしっかり集客すれば5000万ドル以上のグロスになりそうだ。

今週末は、マイケル・ベイ監督の大ヒットSFアクションシリーズ第4弾「トランスフォーマー ロストエイジ」(マーク・ウォールバーグ主演)が公開される。

(映画.com速報)

DVD・ブルーレイ

Powered by価格.com

関連ニュース