監禁経験者・なすび、「オールド・ボーイ」は「涙なくしては見られない」

2014年6月25日 21:30

“監禁懸賞生活”の思い出を語ったなすび
“監禁懸賞生活”の思い出を語ったなすび

[映画.com ニュース] タレントで俳優のなすびが6月25日、都内で行われたジョシュ・ブローリン主演のサスペンス映画「オールド・ボーイ」の公開記念トークイベントに出席した。

韓国の鬼才パク・チャヌク土屋ガロン嶺岸信明による日本のコミックを映画化し、カンヌ映画祭でグランプリを受賞した「オールド・ボーイ」(2003)を、ハリウッドの鬼才スパイク・リーが新たに映画化。突然拉致され、理由もわからぬまま20年に及ぶ監禁生活を強いられた男(ブローリン)が、監禁中に着せられた妻殺しの汚名を晴らすため、自分を陥れた犯人への復しゅうに乗り出す。

1990年代に人気を博したバラエティ番組「進め!電波少年」のコーナーで、懸賞だけで生活する“監禁懸賞生活”を約1年3カ月続けたなすびは、「監禁経験者の私としては、過去の色々な記憶が思い出され、涙なくしては見られない。感動の超大作!」と深く感情移入。食べるものがない時はドッグフードで食いつないだといい、「オヤジギャグじゃないけど、腱鞘(けんしょう)炎になるくらいハガキを書いていた」と壮絶な体験を振り返り、劇中の主人公は「食事もテレビもあるなんて恵まれた生活をしているなと思った」とうらやんでいた。

また、“もし日本で「オールド・ボーイ」を映画化するなら主人公を演じるのは誰?”という予想を勝手に展開。「監禁を語らせたら右に出る者はいない」と豪語したなすびだったが、「もし自分にオファーが来たら、プロデューサーに考え直すよう伝える」と弱気だった。

先日、エベレスト登頂チャレンジを断念し帰国したなすびは、「大きな雪崩事故があり断念せざるをえなかった。命がけの挑戦なので、今すぐ『来年行きます』と言うわけにもいかない。ただ、故郷・福島に夢と希望を届けたいという思いは胸の底にある」と思いを語った。

オールド・ボーイ」は6月28日より公開。

(映画.com速報)

フォトギャラリー

DVD・ブルーレイ

Powered by価格.com

関連ニュース

OSOREZONE|オソレゾーン

世界中のホラー映画・ドラマが見放題!
お試し2週間無料 マニアックな作品をゾクゾク追加!(R18+)

  • 封印映像27
  • 封印映像28
  • ハロウィンII
  • ファンハウス
  • モーガン・ブラザーズ
  • ハロウィン2016
  • ロスト・ボディ
  • トランストリップ
  • 道化死てるぜ!
  • 監禁/レディ・ベンジェンス
OSOREZONE

Powered by 映画.com