fripSideの3rdアルバムが9月に発売&初の6大都市ツアー開催決定

2014年6月18日 20:20

fripSide 左から八木沼悟志、南條愛乃
fripSide 左から八木沼悟志、南條愛乃

[映画.com ニュース] アニメの主題歌を数多く手掛けるfripSideの3rdアルバムが、9月に発売されることが決定した。収録曲は2013年に放送された「とある科学の超電磁砲S」のオープニング主題歌「sister’s noise」と「eternal reality」、現在放送中の「ブラック・ブレット」のオープニング主題歌「black bullet」などを予定している。また、アルバムのリリースを記念したワンマンツアーの開催も決定。札幌、仙台、東京、名古屋、大阪、福岡をめぐる初の6大都市ツアーとなる。

6月28日からはスマートフォン専用のオフィシャルファンクラブサイト「freakSide」がスタートする。3rdアルバムの発売日やツアーの日程、ファンクラブのURL、入会方法などは後日オフィシャルサイトで公開される予定だ。

fripSideは音楽プロデューサー・八木沼悟志による音楽ユニット。2008年にメジャーデビューし、2009年には脱退したメンバーの代わりに、「ラブライブ!」の絢瀬絵里役などで人気の声優・南篠愛乃をボーカルとして迎え、第2期となる活動を開始した。

「とある科学の超電磁砲」のオープニング主題歌「only my railgun」を発表して以降、同シリーズの主題歌を手掛け、3rdアルバムにも収録される「sister’s noise」では、初のオリコン週間ランキング1位を獲得。手の込んだPVが話題になることも多く、「LEVEL5-judgelight-」にはエスパー伊東、「black bullet」にはボブ・サップや上島竜平といった芸能人が出演している。(トーキョーアニメニュース)

(映画.com×トーキョーアニメニュース)

DVD・ブルーレイ

Powered by価格.com

関連ニュース