「13日の金曜日」最新作、「V/H/S シンドローム」監督がメガホン?

2014年4月18日 22:40

ホラージャンルを得意とするデビッド・ブルックナー監督
ホラージャンルを得意とするデビッド・ブルックナー監督

[映画.com ニュース] 大ヒットホラー「13日の金曜日」シリーズをリブートする新作の監督として、デビッド・ブルックナーが交渉中であると米Wrapが報じた。ブルックナーは「V/H/S シンドローム」「地球最後の男たち THE SIGNAL」といった作品を手がけており、ホラージャンルを得意とする気鋭の監督・脚本家として知られている。

マイケル・ベイの製作会社プラチナム・デューンズがプロデュース、米パラマウント・ピクチャーズが配給する新作は、「ファウンド・フッテージ」スタイルの採用を検討しているようだが、詳細は明らかになっていない。なお、全米公開日は2015年3月13日の金曜日に正式決定している。

13日の金曜日」は1980年の第1作以降、スピンオフ「フレディVSジェイソン」とリメイク版「13日の金曜日(2009)」を含め、これまでに12作品が製作されており、新作は通算13作目となる。

(映画.com速報)

DVD・ブルーレイ

Powered by価格.com

関連ニュース

OSOREZONE|オソレゾーン

世界中のホラー映画・ドラマが見放題!
お試し2週間無料 マニアックな作品をゾクゾク追加!(R18+)

  • 封印映像27
  • 封印映像28
  • ハロウィンII
  • ファンハウス
  • モーガン・ブラザーズ
  • ハロウィン2016
  • ロスト・ボディ
  • トランストリップ
  • 道化死てるぜ!
  • 監禁/レディ・ベンジェンス
OSOREZONE

Powered by 映画.com