竹富聖花、マーチングバンドのリーダー役に「運命を感じた」

2014年3月30日 06:00

完成披露試写会に登壇した竹富聖花、桜田通ら
完成披露試写会に登壇した竹富聖花、桜田通ら

[映画.com ニュース] 吹奏楽に情熱を燃やす若者たちの姿を描いた映画「MARCHING 明日へ」の完成披露試写会が3月29日、神奈川・横浜の関内ホールで行われ、主演の竹富聖花桜田通石田法嗣小林涼子西郷輝彦中田新一監督らが舞台挨拶に立った。

本作に全面協力・出演している「YOKOHAMA ROBINS」の圧巻のマーチングパフォーマンスで開式。「演奏がすご過ぎて圧倒されちゃった」と緊張気味の竹富は、全国大会優勝を目指す“ヨコハマ・ジーベック”の隊長マリ役を演じ、「小学生の時にマーチングバンドでトランペットをやっていたので、運命を感じた。だけどいざ練習してみると、歩き方のフォームなどが本格的で難しかった」と全力投球で役に挑んだ。

桜田は、「ドラムメジャーという指揮者で、夢に向かって突き進む青年を演じた。ROBINSさんが入るとものすごい迫力で現場が引き締まり、僕自身も圧倒された。震災から時間は経っているけれど、僕らの思いが届くような作品になっていると思う」と胸を張った。

マリの父親役の西郷は、「年齢的に非常に孤立していた(笑)」と冗談めかしながら、「マーチングバンドの演奏を生で拝見して衝撃を受けた。若い俳優たちも短期間によく頑張った」と若手キャスト陣をいたわった。長年の歳月をかけて本作を完成させた中田監督は、「やっと実現するかもと思った時に3.11が起きた。それで本を書き変え、5年目にしてできた映画。音楽の力が人に伝わる姿をうまく描ければと思った」と万感の面持ちだった。

最後に竹富は、「被災地に初めて行ったけれど、現地の人は元気で温かい気持ちになった。だけど仮設住宅に住んでいる人はまだいっぱいいるし、まだまだ皆さんの力が必要」と客席に応援を呼びかけた。

映画は、横浜を発祥とするマーチングバンドと、東日本大震災からの復興を目指す福島・いわきのマーチングバンドが、音楽によってつながっていく姿を描く。「MARCHING 明日へ」は、神奈川で5月24日から先行公開。

(映画.com速報)

フォトギャラリー

DVD・ブルーレイ

Powered by価格.com

関連ニュース