鬼才ホドロフスキー23年ぶりの新作公開日決定 浅野忠信らが語るフリーペーパーを配布

2014年2月6日 05:00

フリーペーパー「THIS IS ALEXANDRO JODOROWSKY」
フリーペーパー「THIS IS ALEXANDRO JODOROWSKY」

 「ホーリー・マウンテン」「エル・トポ」などのカルト作で知られる、鬼才アレハンドロ・ホドロフスキー監督23年ぶりの新作「リアリティのダンス」の公開日が7月12日、ホドロフスキー監督の未完の大作に迫るドキュメンタリー「ホドロフスキーのDUNE」公開日が6月14日に決定した。4月には、ホドロフスキー監督が来日する予定だ。

2作品の公開と監督来日にさきがけ、浅野忠信、宇川直宏、DIR EN GREY 京、ニコラス・ウィンディング・レフン監督らがホドロフスキー愛を語り、その魅力に迫るフリーペーパー「THIS IS ALEXANDRO JODOROWSKY」、通称“ホドロフスキー新聞”が新宿シネマカリテ、ヒューマントラストシネマ有楽町、渋谷アップリンクなど都内劇場で配布されるほか、作品公式サイト(http://www.uplink.co.jp/jodorowsky)からPDFでダウンロード可能となっている。

“ホドロフスキー新聞”VOL.1は、特集「ホドロフスキーとは何者か?」と題し、漫画の原作者やタロット研究家など多くの顔を持ち、多くのクリエイターに衝撃と影響を与えた監督の素顔やキャリアに迫る。この後、4月初旬にVOL.2「ホドロフスキーのDUNE」特集、6月初旬にVOL.3 「リアリティのダンス」特集の全3号を発行予定。

第66回カンヌ国際映画祭監督週間でプレミア上映された「リアリティのダンス」はホドロフスキー監督による自伝「リアリティのダンス」(文遊社刊)が原作。チリの田舎町を舞台に、権威的な父親との軋れきと和解、ホドロフスキーを自身の父親の生まれ変わりだと信じる、元オペラ歌手の母親との関係、そしてホドロフスキー少年が見た世界を、シュールレアリスティックなタッチで描写する。

ホドロフスキーのDUNE」は 6月14日、「リアリティのダンス」は7月12日新宿シネマカリテ、ヒューマントラストシネマ有楽町、渋谷アップリンクほか、全国順次公開。

(映画.com速報)

アレハンドロ・ホドロフスキー DVD-BOX[DVD]

アレハンドロ・ホドロフスキー DVD-BOX[DVD]

アレハンドロ・ホドロフスキー監督の「エル・トポ」HDリマスター版、「ホーリー・マウンテン」HDリマスター版、「ファンド・アンド・リス」の3作品収録を収録のDVD-BOX。
サンタ・サングレ/聖なる血 <HDニューマスター・デラックスエディション>[DVD]

サンタ・サングレ/聖なる血 <HDニューマスター・デラックスエディション>[DVD]

最安価格: ¥4,587

サーカス団長のオルゴとその妻でブランコの名手コンチャと、息子フェニックスの奇妙な物語。監督:アレハンドロ・ホドロフスキー

DVD・ブルーレイ

Powered by価格.com

関連ニュース