「ノーモア映画泥棒」ライセンシー募集開始

2014年1月13日 08:30

カメラ男とパトランプ男
カメラ男とパトランプ男

[映画.com ニュース] 東映は、このほど「映画館に行こう!」実行委員会(映連、外配協、MPA、全興連の4団体で構成)が展開する「映画盗撮防止キャンペーン」のキャラクター(NO MORE映画泥棒)のライセンスを扱うことになった。

同キャラクターは、独特の動きで映画を盗撮しようとするカメラ男と、盗撮防止のためにカメラ男を追うパトランプ男のコミカルな映像で、2007年に登場。現在では全国のほとんどの劇場で映画本編前に上映され、幅広く認知されている。

東映では、このキャラクターをフィギュアやアパレル用品、文具生活雑貨などさまざまなカテゴリーでの商品化や、キャンペーン・イベントなど幅広いジャンルでのライセンシー募集を開始する。

なお、同キャラクターの商品化権窓口は東映のテレビ商品化権営業部。(文化通信)

(映画.com×文化通信)

関連ニュース