ジョセフ・ゴードン=レビット、ニール・ゲイマン「サンドマン」を映画化 : 映画ニュース

ホーム > 映画ニュース > 2013年12月24日 > ジョセフ・ゴードン=レビット、ニール・ゲイマン「サンドマン」を映画化
メニュー

ジョセフ・ゴードン=レビット、ニール・ゲイマン「サンドマン」を映画化

2013年12月24日 11:10

「サンドマン」を映画化する ジョセフ・ゴードン=レビット「ルールズ・オブ・アトラクション」

「サンドマン」を映画化する
ジョセフ・ゴードン=レビット
Photo by George Pimentel/Getty Images
[拡大画像]

[映画.com ニュース] グラフィックノベル「サンドマン」の映画化を、人気俳優ジョセフ・ゴードン=レビットが手がけていることが明らかになったと、エンターテイメント・ウィークリー誌が報じた。

「サンドマン」はニール・ゲイマン原作のグラフィックノベルで、1989年から96年までに75巻が刊行された。ドリームという夢を司る王が主人公で、夢の中と現代世界、さらに地獄など別世界でストーリーが展開される壮大なダークファンタジーで、コミック作品として初めて世界幻想文学賞を受賞したことでも知られる。

映画化企画は90年代からあり、当初は「ルールズ・オブ・アトラクション」のロジャー・エイバリー監督がメガホンをとる予定だった。その後、目立った進展はなく、最近では「SUPERNATURAL」の企画・制作総指揮を務めたエリック・クリプキがテレビドラマ化をオファーされたものの、J・J・エイブラムスとのドラマ「レボリューション」を優先させている。

ゴードン=レビットは、Twitterで「サンドマン」の企画開発に関わっていることを報告。「マン・オブ・スティール」の脚本家デビッド・S・ゴイヤー、原作者のゲイマンとともにプロデューサーを務める予定だという。

また、ゴードン=レビットは「ドン・ジョン」で監督デビューを果たしていることから、映画版「サンドマン」で監督・主演を兼ねる可能性もある。ただ現時点では、プロデューサーとして契約を交わしているだけだという。

(500)日のサマー[DVD] (500)日のサマー[DVD] 最安価格: - 恋を信じる男の子と信じない女の子の、ビタースウィートな500日ストーリー!出演:ジョセフ・ゴードン=レヴィット
50/50 フィフティ・フィフティ[Blu-ray/ブルーレイ] 50/50 フィフティ・フィフティ[Blu-ray/ブルーレイ] 最安価格: ¥1,500 27歳、生存率50%のガン宣告。友だち、仕事、家族、好きなひと…。人生あきらめるには早すぎる。ガンを克服した脚本家の実体験を完全映画化!出演:ジョセフ・ゴードン=レヴィット

関連DVD・ブルーレイ情報

ニュースメール

前日に配信された全てのニュースヘッドラインを、一日一回メールでお知らせします。

Google FeedBurnerのサービスを利用しています。
配信停止はメール最下部の「unsubscribe now」から行ってください。

ブログパーツ

ブログパーツ 映画最新ニュースをあなたのブログに!「映画.com ブログパーツ」を貼れば、あなたのブログが映画情報発信地に早変わりします!

ブログパーツについて詳しく見る
このページの先頭へ

映画評論

  • 存在のない子供たちの評論 存在のない子供たち 「存在のない」少年の告発のまなざしは、すべての大人に向けられている
  • マーウェンの評論 マーウェン 現実と虚構をVFXで融合させる名手、R・ゼメキスが出会った箱庭の心象風景
  • アルキメデスの大戦の評論 アルキメデスの大戦 戦艦大和沈没のフェティッシュな描写が、作品の全体像をも脅かす
映画評論の一覧を見る
Jobnavi
採用情報