「ライダー」シリーズの人気ヒロイン・芳賀優里亜「赤×ピンク」で初のフルヌード披露

2013年11月22日 21:00

人気若手女優4人が「赤×ピンク」で激突!
人気若手女優4人が「赤×ピンク」で激突!

[映画.com ニュース] 「仮面ライダー」シリーズの人気ヒロインとして知られる女優の芳賀優里亜が、桜庭一樹氏の人気小説を映画化する「赤×ピンク」に主演し、大胆なフルヌードを披露していることがわかった。映画.comは、今作のポスタービジュアルと特報映像を入手。芳賀とともに出演する多田あさみ水崎綾女小池里奈の熱演ぶりを確認することができる。

坂本浩一監督がメガホンをとる今作は、六本木の廃校で夜ごと繰り広げられる非合法の格闘技ショー「ガールズブラッド」に身を投じる4人の少女たちが、鉄製の檻の中で裸の心と体をぶつけ合う姿を描く。芳賀が性同一性障害に悩む女嫌いの空手家・皐月を演じるほか、多田がDV夫から逃げる人妻格闘家・千夏、水崎がSMの女王様ミーコ、小池がロリータフェイスのOL・まゆ、という役どころに臨んだ。

公開されたポスタービジュアルには、「オトナ(赤)×少女(ピンク)で戦ってる。」というコピーが掲出されている。4人から注がれる眼差(まなざ)しからは、自らのアイデンティティを探し、生きる場所を求めてさまよう、繊細で不安定な様子を垣間見ることができる。

特報には、リング内で戦う4人の姿はもちろん、汗を流しながら本格的なアクショントレーニングに励むメイキング映像も収録。さらに、芳賀が一糸まとわぬ姿で女性との濃厚なラブシーンに真っ向から挑む様子も収められている。

赤×ピンク」は、2014年2月22日に公開。

(映画.com速報)

DVD・ブルーレイ

Powered by価格.com

関連ニュース