リリー・コリンズ主演で「高慢と偏見とゾンビ」が再始動

2013年5月8日 10:00

フィル・コリンズの娘リリー・コリンズ
フィル・コリンズの娘リリー・コリンズ

[映画.com ニュース] 製作が難航し、2011年秋以降中断していた米作家セス・グラハム=スミスのベストセラー小説「高慢と偏見とゾンビ」の映画化企画が、新たな監督と主演女優を得て再始動することになった。

原作は、ジェーン・オースティンの古典「高慢と偏見」をゾンビ版にアレンジしたもの。米バラエティによれば、主人公のエリザベス・ベネット役で「白雪姫と鏡の女王」のリリー・コリンズが交渉中だという。同役は当初、ナタリー・ポートマンが演じる予定だったが降板。以降、エマ・ストーンスカーレット・ヨハンソンブレイク・ライブリーらの名が浮上しつつも決定にはいたらなかった。

一方、監督には「セブンティーン・アゲイン」のバー・スティアーズが決定。こちらも、当初予定されていたデビッド・O・ラッセル監督以降、マイク・ホワイトクレイグ・ギレスピーと3人の監督が降板している。

(映画.com速報)

DVD・ブルーレイ

Powered by価格.com

関連ニュース

OSOREZONE|オソレゾーン

世界中のホラー映画・ドラマが見放題!
お試し2週間無料 マニアックな作品をゾクゾク追加!(R18+)

  • ローンウルフ 真夜中の死闘
  • ミラーズ 呪怨鏡
  • レザボア・ヴァンパイア
  • マインズ・アイ
  • 恐怖ノ黒電話
  • ザ・ハロウ/侵蝕
  • 凍える牙
  • 「怪談王2019」決勝大会 準決勝 第1試合
  • 「怪談王2019」決勝大会 準決勝 第2試合
  • 「怪談王2019」決勝大会 決勝戦
OSOREZONE

Powered by 映画.com