高良健吾、吉高由里子&沖田修一監督の「好きだよ」に大照れ

2013年2月23日 16:46

満開の笑みを浮かべる高良健吾と吉高由里子
満開の笑みを浮かべる高良健吾と吉高由里子

[映画.com ニュース] 俳優の高良健吾が2月23日、東京・新宿ピカデリーで行われた主演作「横道世之介」の初日舞台挨拶に、共演する吉高由里子池松壮亮伊藤歩綾野剛、メガホンをとった沖田修一監督とともに登壇した。公開前のプロモーションでは、約190媒体の取材を受ける大車輪の活躍。それだけに「本当に大好きな映画なので、初日を迎えても不思議と『これで終わり』と思えない。結果じゃなく、人が生きる過程を描いているからかもしれない」と感無量の面持ちだった。

そんな高良に対し、5年ぶりに共演した吉高は「戦友であり、心から信頼できる人。この映画が泣きそうなくらい大好きなのも、高良君が相手だったから。高良君のこと……、好きだよ」と感謝の言葉を捧げ、4度目のタッグとなった沖田監督も「初めて高良君を主演に迎えることができて、胸がいっぱい。高良君、好きだよ」と語りかけた。盟友ふたりの言葉に、高良は「うれしいけど、恥ずかしいです」と大照れしていた。

原作は2010年本屋大賞3位、第23回柴田錬三郎賞を受賞した吉田修一氏の小説。1980年代を舞台に、長崎の港町から上京した大学生・横道世之介(高良)、恋人で社長令嬢の与謝野祥子(吉高)らが青春を謳歌する姿が描かれる。同日、全国200スクリーンで封切られた。

登場人物たちの16年間を描いた内容にちなみ、高良は「自分自身の16年後は想像もできないが、もし16年後にも『横道、好きです』って言われたうれしい」。沖田監督にとっては「監督として、一生付きあっていく映画」だといい、「ご覧になった皆さんの“心の一歩”になれば。末永く愛してくれる人が、一人でも多くいてくれれば」と強い思い入れを語っていた。

(映画.com速報)

フォトギャラリー

DVD・ブルーレイ

Powered by価格.com

関連ニュース