リドリー・スコット制作、ドラマ版「高い城の男」の脚本家が決定

2013年2月15日 19:00

フランク・スポットニッツ
フランク・スポットニッツ

[映画.com ニュース] リドリー・スコット監督が制作総指揮を務めるテレビドラマ「The Man In the Hight Castle」の脚本家が決定したと、Deadlineが報じた。

同作は、フィリップ・K・ディックのSF小説「高い城の男」の映画化で、2010年に制作が発表されたものの、その後は目立った動きがなかった。当時は、イギリスの劇作家ハワード・ベントンが脚本を執筆し、BBCで放送されると報じられていたが、今回の発表では「X-ファイル」シリーズのフランク・スポットニッツが脚本と制作総指揮を務め、米SFドラマチャンネルSyfyで放送されることになったという。

制作は、ヘッドライン・ピクチャーズとスコット・フリー、ディックの権利管理団体であるエレクトリック・シェパードが手がける。なお「高い城の男」は、第二次世界大戦でドイツと日本が勝利を収めた世界を描く歴史改変SF小説で、1963年にヒューゴー賞を受賞している。

ちなみにスコット監督は、ディックの「アンドロイドは電気羊の夢を見るか?」の映画化「ブレードランナー」でメガホンをとった経験がある。

(映画.com速報)

DVD・ブルーレイ

Powered by価格.com

関連ニュース

OSOREZONE|オソレゾーン

世界中のホラー映画・ドラマが見放題!
お試し2週間無料 マニアックな作品をゾクゾク追加!(R18+)

  • ローンウルフ 真夜中の死闘
  • ミラーズ 呪怨鏡
  • レザボア・ヴァンパイア
  • マインズ・アイ
  • 恐怖ノ黒電話
  • ザ・ハロウ/侵蝕
  • 凍える牙
  • 「怪談王2019」決勝大会 準決勝 第1試合
  • 「怪談王2019」決勝大会 準決勝 第2試合
  • 「怪談王2019」決勝大会 決勝戦
OSOREZONE

Powered by 映画.com